fc2ブログ

123便時空超え現れる!パラレルワールド!Sweet Planet(スィート・プラネット)

◎墜落した123便が何と2020年8月12日に時空を超えて現れる?…大摩邇(おおまに)さんのサイトに福田元昭さんの記事が転載されていたので紹介します。原文転載ー【福田元昭の「桜の木になろう」さんのサイトより】
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1271.htmll<転載開始>
(1)口封じの歴史・高天原山事変272 静岡県沼津市のらららサンビーチ関連の記事のまとめ PART1
「760.123便は時空を超えた!!!<123便の真実・最新1>」の「(9)口封じの歴史・高天原山事変111 123便は時空を超えた!!!」に次の通り書きました。760こちら
 <転載開始>実は御巣鷹山エリアで1機目の123便が核攻撃を受ける際、天界からの助けで更に3機目が1機目から分離した!!! 3機目は異次元に行き、2020年8月12日に大阪伊丹空港に現れると言う。
 2017年8月12日から2020年の8月12日までに123便事件の真実が解明ができない場合、人類全体に災厄が及ぶと言う。<転載終了> 更に、760の「(10)口封じの歴史・高天原山事変112 らららサンビーチ」に次の通り書きました。

 <転載開始>実はもう一つ説があります。静岡県沼津市西浦平沢にある「らららサンビーチ」に、2020年8月12日に3機目の123便が現れると言う。こちらの説は2020年8月12日を待たずに、今現れても不思議はないと言う。123便の出現に対応できる土台が既に2012年に完成している。~中略~
1機目のJAL123便が自衛隊の核ミサイルを後部に受けたのは駿河湾の沼津市のらららサンビーチ付近です。相模湾でソ連軍機Tu-95ベアにより尾翼を損傷し、駿河湾で自衛隊の核ミサイル攻撃を受けたということになる。ソ連のTu-95ベアについては、「564.JAL123便を米軍が撃墜したと言う説は真実か?」などで取り上げました。564はこちら。<転載終了> 福田元昭の「桜の木になろう」さんのサイト一部転載しました。…私の知ってる範囲では東京の某地方にも既に次元装置があると?そしてプラズマ兵器が長野県の某地方に既にあるとか?…私たち一人一人にゆだねられています。

◎パラレルワールド(平行宇宙)…パラレルワールドとは、ある世界から分岐し、それに並行して存在する別の世界を指す。並行世界、平行宇宙、並行時空ともいう。「異世界」、「魔界」、「四次元世界」などとは違い、パラレルワールドは我々の宇宙と同一の次元を持つ。
Wikipedia引用文献 

【Sweet Planet -3rdアルバム「十月の人魚」より】
  作詞:三浦徳子 作曲:小室哲哉
  編曲:松任谷正隆


【岡田有希子 3rdアルバム】-「十月の人魚」1985-9月18日
             【岡田有希子 3rdアルバム「十月の人魚」】

【Sweet Planet】
歌手:岡田有希子 作詞:三浦徳子 作曲:小室哲哉 編曲:松任谷正隆

Sweet Planet http://youtu.be/vCAy4tyanBIユーチューブより引用

【Sweet Planet】は岡田有希子の3rdアルバム「十月の人魚」に収録されている。
当時まだ無名だった、小室哲哉が初めてアーティストに曲を提供した曲でもある。
また、編曲の松任谷正隆と【Swet Planet】【水色プリンセス-水の精-】の2曲を
手掛けている。コラボも違和感なく仕上がっている。
【Sweet Planet】の歌詞には、キーワードに何か宇宙やパラレルワールドを連想
させるようなことばが出て来る。カプセルの窓越しに、a shooting star
Sweet Planet、ワープ、と…。
カプセルの窓越しにとは「飛行機(宇宙船)」でも表しているのだろうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ         


スポンサーサイト



プロフィール

dqa44y8y9jlf

Author:dqa44y8y9jlf
FC2ブログへようこそ!
ハム太郎

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

ブログ村ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

リンクについて

当ブログサイトはリンクフリーです。 相互リンク・相互RSSを募集中! (アダルトはNG) コメント欄にてご連絡下さい。

著作権について

記事は主にWikipediaを転載しています。掲載している画像及び動画・文章 の著作権肖像権等は各権利所有者様に所属します。当ブログサイトは上記の権利やプライバシーを侵害する意図は全くございません。各権利所有者様におかれまして、記事不適切な箇所がございましたらコメント欄にご連絡ください。速やかに対応致します。