fc2ブログ

スター誕生!「マイ・ボーイフレンド」/岡田有希子/北原佐和子

【スター誕生「マイ・ボーイフレンド」】
…佐藤佳代(岡田有希子)が芸能界を目指したのは、中学生の頃だという。
中学生になった頃に、ホリプロタレントスカウトキャラバンやテレビドラマなどの様々なオーディションに応募した。名古屋を舞台にした連続テレビドラマ『中学生日記』(NHK名古屋放送局)にエキストラとして出演したが、重要な役を任される矢先に降板している。1981年(昭和56年)8月、姉が購読していた雑誌『高一時代』(旺文社)に載っていたオーディション『ニコン フレッシュギャルコンテスト』に中学2年生で応募し、準グランプリに選ばれた。写真は月刊誌『写楽』(小学館)1982年3月号に掲載され、特大ポスターが全国各所に貼り出された。
中学3年生の夏休みには、大阪1982年(昭和57年)6月、前年に応募していたオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ)の予選会通知が中京テレビから届いた。「中学2年生で出場、中学3年生でデビュー」の計画から1年遅れの通知だった。担任教諭に反対される中、学校を無断欠席して名古屋地区予選に出場。北原佐和子「マイ・ボーイフレンド」を歌い、決戦大会への切符を掴む城で開催された『ニコン 中・高生のためのカメラ教室』の写真モデルになっているが、いずれも芸能界入りにはつながらなかった。

(出典:wikipedia引用転載)
【佐藤佳代(岡田有希子)-スター誕生!「マイ・ボーイフレンド」】
    佐藤佳代「マイ・ボーイフレンド」 -(スター誕生!オーディション番組)
    (https://youtu.be/p_w6ylehrAU:引用)

★スター誕生での見解…
前年に応募していたオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ)の予選通知が中京テレビから届いた頃は中学三年生で、学校を無断欠勤するぐらい強い覚悟でオーディションに挑み、名古屋地区予選を通過する。この時の選曲が「花の82年組」の一人と言われた北原佐和子さんのソロデビュー曲「マイ・ボーイフレンド」。当時佐藤佳代(岡田有希子)さんにとって、北原佐和子さんのデビュー曲「マイ・ボーイフレンド」は佐藤佳代さんが「スター誕生!」で予選を通過するために与えられた楽曲であることは間違いない。

歌唱力の上手、下手はともかく、佐藤佳代にとって北原佐和子さんの「マイ・ボーイフレンド」は声質的にも一番似ており、佐藤佳代にとっても歌いやすい楽曲だったと思います。北原佐和子さんの「マイ・ボーイフレンド」が無かったら、歌手としての岡田有希子さんは誕生していなかったかもしれません。また、北原佐和子さん自身の性格も穏やかでアイドルとしての基本にされた一面もあったかと思います。現在北原佐和子さんは、芸能活動をしながらホームヘルパー2級、介護福祉士、ケアマネージャー、准看護師の資格を取得し現場で活躍されています。



【北原佐和子】…北原佐和子は、1964年3月19日生。日本の女優、元歌手。本名同じ。埼玉県入間郡福岡町(のち上福岡市、現・ふじみ野市)出身。デビュー時の所属事務所はオスカープロモーション、現在はプレシャスライフ オフィスSawako。朗読会主催はプレシャスライフ 心の朗読会。芸能活動の傍らでホームヘルパー2級、介護福祉士ケアマネジャー准看護師の資格を取得し、介護士准看護師としても現場で働く。

【アイドル時代】…
オスカープロモーションの美少女モデルを務め、読者モデルとして掲載された『mcシスター』を見たマネージャーによってスカウトされる。高校在学中にミス・ヤングジャンプに選ばれてグラビアデビュー。
同じ事務所の所属であった真鍋ちえみ三井比佐子とともに、1981年にアイドルユニット「パンジー」を結成。自身の18歳の誕生日である1982年3月19日にシングル「マイ・ボーイフレンド」で歌手としてソロデビューすると、1985年にかけてシングル10作品、アルバム6作品をリリースした。俗に言う「花の82年組」の1人であり、当時のキャッチフレーズは「さわやか恋人一年生」。


【北原佐和子ー「マイ・ボーイフレンド」】
        【北原佐和子ー「マイ・ボーイフレンド」1982.3.19】
         TEICHIKU/UNION- EP:CE503
【女優時代】…
のちに女優へと転身。2000年代に川上麻衣子神保悟志とともに、東海テレビ制作の昼ドラに常連出演した(『牡丹と薔薇』など)。その他、テレビドラマ、映画、舞台と活躍の場を広げていく。


【介護士・看護師】…
障害者との交流をきっかけに20代の頃より介護やボランティアに関心を持ち、2007年にホームヘルパー2級の資格を取得すると、芸能活動の傍らで2008年より介護士として東京都内の施設で介護実務に携わる。2014年には介護福祉士の国家資格を取得。同年12月には、介護現場での自らの体験を元に書籍『女優が実践した介護が変わる魔法の声かけ』を執筆。「介護はじめの一歩」と題して講演活動も行っている。

またボランティア活動として、2011年よりワンライフプロジェクト東京支部代表としてワンライフプロジェクト『たったひとつの命だから』の朗読会を各地で開催。2013年には新たに自ら代表を務めるボランティア団体「プレシャスライフ 心の朗読会」を立ち上げて、「いのちと心の朗読会」を各地の小中学校や病院などで開催している。

介護と女優のダブルワークを続けるかたわらで、2016年にはケアマネジャー資格を取得。さらに、医師や看護師が話すことを理解できるようになりたいとして准看護師を目指して事業所での仕事を一時中断し准看護学校に通い、准看護師試験に合格して2020年3月に卒業、翌4月より看護師として勤務を開始した。2020年12月、自身のYouTubeで「さわちゃんねる」を開設した。

(出典:wikipedia引用転載)

『マイ・ボーイフレンド』ー1982.3.19
歌手:北原佐和子 作詞:堀川マリ 作曲・編曲:梅垣達志
(https://youtu.be/DjxZD-ukyQQ:youtubu引用)
(https://youtu.be/kywc0bH-j_A:youtubu引用フルバージョン)


さわちゃんねる【北原佐和子】


『潮風のラブ・レター』-1984.9.5(1stアルバム『シンデレラ』)
歌手:岡田有希子 作詞:康 珍化 作曲:白井良明 編曲:清水信之
(https://youtu.be/Ynyhqo3n9C4:youtubu引用)

【岡田有希子とトニー】
訪問して頂きありがとうございます。
応援のボタン(FC2、ブログ村)を押していただけるとユッコもトニーも
今後の励みになるニャン😸

PVアクセスランキング にほんブログ村
ユッコスマイルをもう一度!
               ★ユッコスマイルをもう一度!
スポンサーサイト



小室サウンド(ソルフェジオ周波数528Hz)と岡田有希子

【小室哲哉】…
小室哲哉(こむろてつや)、1958年(昭和33年)11月27日生。日本のミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー、キーボーディスト。東京都府中市出身。


【学生時代】…
3歳から12歳まで東京芸術大学教授の下でヴァイオリンのクラシック音楽の練習曲で只管同じフレーズを弾くレッスンを始めて、音感のベースを学ぶ。小学生の頃から既にクラシック音楽のインストゥルメンタルの楽曲を作っていた。小学5年生のとき、母がエレクトーンを購入。これが鍵盤楽器との出会いとなる。母より先にコードを覚え、10日で基本操作をマスターし、エレクトーンの先生を驚かせた。同じ頃、母方の親戚の叔父からギターコードを習い、マスターするのが速くて叔父を驚かせた。練習の時にフェリックス・メンデルスゾーンのメロディの歯切れの良さ・BPMの異常な速さ、クラシック音楽の練習曲の子供でも飽きない多少の変化が考えられた構成に影響を受けた。反面ピアノは独学であり、中学2年生の時に音楽の授業で周囲がギターを選ぶ生徒が多かったから敢えてピアノを選ぶ形で弾き始めた。プロの鍵盤奏者として改めて真剣に向き合い、自分の腕を客観視し始めたのは実に1983年に入ってからだった。ただし、それが功を奏し、後に「和音管弦楽法を前提にした発想」より「主旋律は1本のみ、単音を目立たせる構成」という基本が小室の中で出来上がった。

日本万国博覧会シンセサイザーマニピュレーターマルチモニター・12チャンネルステレオを背景に演奏する冨田勲を間近で見て、「もしモーツァルトの時代と同じ楽器しかなかったら僕はこの世界で勝負しなかった」と後述する程の衝撃を覚える。

中学生の時にシンセサイザーを無性に買いたくなり、家にあったギター・ヴァイオリン・エレクトーンを家族に無断で売り、当時16万円以上したというシンセサイザー「ローランドSH1000」を購入した。家族からは叱られたものの、「当時のシンセサイザーはエレクトーンより音数も限られていて、機体も小さかった。だけど間違いなく自分が得意なものとプライドを持てる」と確信し、それを切っ掛けに改めて練習を続けると共に、オリジナル楽曲の作曲を本格的に始める。渡辺美里の「きみに会えて」「BELIEVE」「嵐ヶ丘」「I wish」・TM NETWORKの「Here, There & Everywhere (冬の神話)」等後に提供する楽曲の雛型約20曲をその頃に作曲したという。

早稲田実業学校高等部商業科に入学。小室の作曲テクニックにクラスメイトが憧れる余り、クラスメイトの半数以上の作曲の宿題を肩代わりさせられた。音楽担任は小室が卒業するまで気づかなかったという。この頃からELPピンク・フロイドレッド・ツェッペリンキング・クリムゾンT.Rexユーライア・ヒープコモドアーズKool & the GangEarth, Wind & Fireドナ・サマーディープ・パープルYes等の洋楽をプログレッシブ・ロックファンクを中心に漁るように聞いた。その中でも影響を受けたミュージシャンとして、キース・エマーソンリック・ウェイクマンジョン・ロードキース・ジャレットジョー・サンプルデイヴ・グルーシン等のジャズ畑のピアニストを挙げ、特にキース・エマーソン・キース・ジャレットに関しては、即興演奏中心でプレイする姿勢に感銘を受けている。新宿のロック喫茶店に毎日入り浸り、ファンとしてミニコミ誌「ロック・ボトム」に参加し、アルバムの感想と評論を書いた。

早稲田大学社会科学部に進学し5年ほど在籍、在学中にプロ・ミュージシャンとしての活動を開始する。初めての現金で支払われたギャランティーは、18歳でダンスパーティーのバックバンドでキーボードを担当した時の演奏代で5千円だった。ミュージシャンとしての腕前は自他共に認める程の下手さだったが、「シンセサイザーを使っている珍しいミュージシャン」という点で注目されて、色々な所からスカウト・セッション・レコーディングへの参加の依頼につながった。大学の講義にはほとんど出なかったが統計学だけは面白く感じ、統計学の講義にだけは必ず出席し「どういう人達はどこに響くかを、リサーチ・計算して考える」ことにやりがいを覚えた。その後も音楽活動に没頭し、授業料を楽器代に使い廻していたために単位が取れず、小室も「授業料を払う位ならシンセサイザーを買った方がいい」と考えたために除籍となる。

「真っ当な職に就くべきなのか」と焦りを感じつつも、音楽雑誌「Player」の当時の編集長の紹介でいくつかのレコード会社とつながりを持ちながら、その後も数々の数え切れない色々な人のバックバンド・スタジオミュージシャンを務め、デビュー前のTMのメンバー・スタッフのマネジメントも率先して取り仕切り、コンテストで腕を慣らした。1982年に機材運搬のための自前の自動車を売り払ってまで新しい機材を用意し、各方面に数々のデモテープを応募した。その時の志向はジョルジオ・モロダーELOバグルスのような「テクノポップの方面に行き過ぎず、飽くまでもポピュラー音楽の雰囲気を守り、如何に高級な機材を使わずに巧くダンス・ミュージックの音色を作るか」を考えながら入念に制作していた。そうしていく内にデモテープが小坂洋二小林和之の目に留まり、本格的にTM NETWORKデビューへの下準備を進めていった。
(出典:Wikipedia転載)


【TM NETWORK結成】…
1980年、小室さんが22歳の時に、三鷹市にあるフィルキア楽器店主催のコンサートで、バンド「スピードウェイ」のメンバーだった、木根尚登さん、宇都宮隆さん、青木高貴さん(後のTMのマネージャー)らと出会い、1983年新しい音楽を模索していた小室さんは、バンドではなくユニットという形で音楽活動をすることを木根さんに打診され、準備を進める。ヴォーカルは木根さんが宇都宮さんを誘って1983年5月に三人のユニット「TM NETWORK」が結成される。1984年4月には、ファーストシングル「金曜日のライオン (Take it to the Lucky)」、ファーストアルバム「RAINBOW RAINBOW」の同時リリースで、デビュー。その後、曲をリリースするもヒット曲に恵まれなかったが、1987年に、10枚目のシングル「Get Wild」をリリースすると、テレビアニメ「シティーハンター」の、エンディングに起用されたことから、たちまち大ヒットを記録!1988年には第39回NHK紅白歌合戦に出場。


【TMN活動終了】…
その後、1990年「TM NETWORK」改め、名前を「TMN」に改名する。1993年には、小室さんは音楽プロデューサーに徹することを表明し、翌年1994年「TMN」のプロジェクト活動を終了する。


ソルフェジオ周波数
グレゴリオ聖歌で使われた失われた古代の音階として、近年癒しの世界で注目されています。人体の構造は物質としての肉体と重なるように、コーザル体メンタル体アストラル体など7層の精神構造になっているといわれています。
肉体の臓器はそれぞれ固有の周波数を持っており、生活習慣の乱れなどにより本来の周波数を維持できなくなり、不調和を起こし体調を崩してしまいます。近年、これらの不調和を外部からの波動に共振させることにより、本来の周波数を取り戻しリセットすることで体調を整えるという研究が進んでいます。
ソルフェジオ周波数の中でも特に重要とされているのが528Hzと396Hz。これらの音が人々の耳に心地よく響くのは、528Hzと396Hzは、国際標準音である440HzのA(ラ)と完全に調和するからです。
ソルフェジオ周波数には9つの周波数があります。


・174hz 意識の拡大と進化の基礎
・285hz 多次元領域からの意識の拡大と促進
・396hz 罪の意識や恐怖からの開放
・417hz 変化に挑戦する心、知性
・528hz 無限の可能性、DNAの修復、奇跡
・639hz 人間関係の向上
・741hz 問題を解決する力、表現力の向上
・852hz 直感力の覚醒
・963hz 高次元、宇宙意識とつながる


基本となる癒しの周波数「528Hz(ヘルツ)」
528Hzは、9つのソルフェジオ周波数の中でも、基本となる周波数で「奇跡の周波数」ともいわれています。過度なストレスに晒され、傷ついたり壊れたりした細胞のDNAを修復するといわれています。
(居心地いいプロジェクト – 音の理論「ソルフェジオ周波数」より引用転載)

また、人間には、「チャクラ」と呼ばれる宇宙の波動を感じ取る出入り口が背骨に沿って7ヶ所あると言われていますが、その第1チャクラに波及するという396Hzの周波数によって、心を穏やかにし、生活を安定させると言われています。
◉前にも少し掲載しましたが、このソルフェジオ周波数はニコラ・テスラの3.6.9で成り立っているいるともいわれます。
各周波数を一桁ずつ足していくと、3.6.9.のいずれかになります。
参照<369(ソルフェジオ周波数)の謎と岡田有希子!![通常版]


【小室サウンド(周波数528Hz)と岡田有希子】…前にもブログで掲載しましたが、小室哲哉さんの音楽はこのソルフェジオ周波数528Hzと言われます。
テンポが良く、心地いいサウンドでリラックスできる音域。ソルフェジオ周波数でも中心となる周波数であり、DNAの修復はもちろん「奇跡の周波数」ともいわれる小室さんの提供した楽曲はオリコンチャートでも常に上位に入る。小室さんがまだ無名の時に、はじめてアーティストに楽曲を提供したのが岡田有希子さんである。
この周波数によって、岡田有希子さんの3rdアルバム「十月の人魚」の中の1曲目に「Sweet Planet」、10曲目「水色プリンセスー水の精」が作詞:三浦徳子さん、 作曲:小室哲哉さん、 編曲:松任谷正隆さんの協力によって制作された。
アルバムの最初と終わりに小室さんの作曲された楽曲が使われたのもアルバム的には引き締まった感があっていいのだが、この「Sweet Planet」と「水色プリンセスー水の精」をA面、B面でシングル曲でリリースしてもいいぐらいに思えてくる。…


【小室哲哉 -TK- プロトタイプ音源集】…『水色プリンセスー水の精ー』では歌詞がなくラララバージョンになっている。
『Sweet Planet』では、音源は原曲(オリジナル)とはかなり歌詞が違っており、生活習慣的な歌詞から宇宙的な要素の歌詞が含まれるファンタジックな歌詞になっている。この未完成な曲を編曲にあたった松任谷正隆さん、歌詞の三浦徳子さん。小室さんの音源はなるべく変えずにここまでアレンジができるアーティストはさすがプロですね。素晴らしい楽曲になっています。


『水色プリンセスー水の精ー』…
『Sweet Planet』…Sweet Planet フアンタジアンコンサート音源
https://youtu.be/g4o4CnVtBk8


【3rdアルバム『十月の人魚』】
           【3rdアルバム『十月の人魚』】1985.9.19
小室哲哉
                  【小室哲哉】

『Get Wild』ー(1987.4.8)
TM NETWORK  作詞:小室みつこ 作曲:小室哲哉 プロデュース:小室哲哉
【『Get Wild』-TM NET WORK(1987.4/8)】


★『Get Wild』は1987年にリリースされた10枚目のシングル曲で、TM NET WORKにおいて出生作となる代表曲ともいえる。制作前から、日本テレビ系アニメ「シティーハンター」のエンディングテーマとして起用されることが決まっていた。
初回アニメ放送の2日後に発売された『Get Wild』は、週間シングルチヤート
ベスト10にランクイン。
そして、この『Get Wild』の歌詞もキーワードが隠されている。

♪アスファルト タイヤを切りつけながら  暗闇走りぬける  チープなスリルに身をまかせても 
明日におびえていたよ
It`s your pain or my pain or somebody's pain  誰かのために生きられるなら
It`s your dream or my dream or somebody's dream   何も こわくはない♪
(出典: Get wild/作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉)
例えば、「pain」と「dream」。「pain」は痛み、「dream」は夢である。また、『Get Wild』がリリースされた日付が、岡田有希子さんが亡くなった翌年の4月8日であることも注目である…一見、アニメ「シティーハンター」のエンディングは、アニメと一致しているのだが、岡田有希子さんを指しているようにも聴こえてならない。
まだ色々と隠されている部分がありますが今回はここまでにします。



『Sweet Planet』
歌手:岡田有希子 作詞:三浦徳子 作曲:小室哲哉 編曲:松任谷正隆
3rdアルバム『十月の人魚』1曲目に収録(1985.9.19にリリース)
★この『Sweet Planet』の歌詞について少し見て行こう。


♪カプセルの窓越しに 森と湖の国 ヘッドホンささやいた メロディーは a shooting star…♪ここまでの歌詞を見解すると、「カプセルの窓越しに 森と湖の国」…カプセルは"飛行機"あるいは”宇宙船”をさすものと思われ、そこから窓越しに見える森と湖の国。
また、宇宙的な歌詞も含まれるので見てみよう。


♪一億光年さえ 飛び越えてるは二人 遠く離れるほどに きらめくのSweet Planet
今頃 アドレス消して 宇宙へ 誰も知らない星へ ランディング ちょっぴり意地悪したいと
思って ハートをワープさせたのけれど逆効果ね…♪
ここまでを見解すると…今頃 アドレス消しての部分は、今でいう”インターネットパソコン"あるいは"携帯やスマホ"のことを指しているものと思われる。…宇宙へ 誰も知らない星へ ランディング…とは将来宇宙船に乗って色んな星へ旅行ができるという意味合いが含まれているのか?…ハートをワープさせたのけれど逆効果ね…とは"予知夢"、あるいは"テレパシー"のことなのだろう。思いを伝えているものと思われる?…
こちらを参照。

<123便時空超え現れる!パラレルワールド!Sweet Planet(スィート・プラネット)>


 『水色プリンセス ―水の精―』
歌手:岡田有希子 作詞:三浦徳子 作曲:小室哲哉 編曲:松任谷正隆
3rdアルバム『十月の人魚』10曲目に収録(1985.9.19にリリース)
★『水色プリンセスー水の精ー』の歌詞も、見解によっては見方が変わっており、前回で説明したキーワード「ハンプティダンプティ」が一つのカギとなる。「ハンプティダンプティ」についてはこちらを参照ください。
<水色プリンセス-水の精とハンプティ・ダンプティとは?>


◉POP-ポニーキャニオン パッケージ・オーダー・プロジェクト
[懐かしの"レアアイテム"が復刻!]

main.jpg
・ポニーキャニオンが手掛けるPOP-ポニーキャニオン 
パッケージ・オーダー・プロジェクトは廃盤となり入手不可能な作品やCD化されていない作品をポニーキャニオンが原盤を持っている作品の中から厳選し、パッケージ化するプロジェクトが「POP」です。
お客様からのオーダー方式で、規定数に達した段階で商品化が決まるそうです。
★詳しいサイトはこちら!https://pop.ponycanyon.co.jp/


【岡田有希子とトニー】
               訪問して頂きありがとうございます。
            応援のボタン(FC2、ブログ村)を押していただけると
            ユッコもトニーも今後の励みになるニャン😸

PVアクセスランキング にほんブログ村

ユッコスマイルをもう一度!
                ★ユッコスマイルをもう一度!

かしぶち哲郎と岡田有希子

【かしぶち哲郎】…かしぶち哲郎は、日本の男性音楽家。栃木県出身。ムーンライダーズのドラマー、ボーカル。本名は橿渕 哲郎(読みは同じ) 1950年11月9日ー2013年12月17日(享年63歳没)出典:Wikipedia転載

【経歴】…
ドラムのオーディションで弾き語りを始めたという風変わりな経歴を買われて、はちみつぱいに加入。本格的な音楽活動を開始する。以前は「歌声喫茶のような所で弾き語りをしていた」という。
はちみつぱい解散後は、ムーンライダーズに結成から参加。バンドおよびソロでの活動のかたわら、映画、テレビドラマなどの劇伴やCM音楽、作詞、作曲を行う。ムーンライダーズの白井良明および鈴木博文とはアートポートというユニットを結成。
1980年代には、アイドル歌手への楽曲提供を行う。特に石川セリ岡田有希子には多くの楽曲を提供し、アルバムのアレンジも行うなど密接に関わった。
晩年はロマンスグレーの紳士的なルックスからか、団塊世代の夫役・父親役でのCM出演が増えた。
食道癌で療養中のところ、2013年12月17日死去。63歳没。


【ソロアルバム】…・リラのホテル(1983年矢野顕子さんとの共同作品) ・彼女の時(1985年)  ・fin 〜めぐり逢い〜(1993年)
・かしぶち哲郎 SONGBOOK(1998年) - ベスト・アルバム ・今日は雨の日です(2002年) ・Live Egocentrique(2003年) - ライブ・アルバム ・つくり話(2004年) ・自由なメロディー はちみつぱい〜ムーンライダーズ(2009年)・LE GRAND(2009年) ・かしぶち哲郎 映画音楽集 TETSUROH KASHIBUCHI Musiques De Films ・a tribute to Tetsuroh Kashibuchi ~ハバロフスクを訪ねて(2014年) -トリビュートアルバム。矢野顕子、山本精一細野晴臣らがカバー。谷川史子がジャケットを執筆。


【提供・プロデュース】…提供・プロデュースした作品は数多く、多くのアーティストに提供している。アグネス・チャン、石川セリ、中原理恵、斉藤由貴、イブ、大石恵、生稲晃子、鈴木雄大。そして、数多くの中で特に多くのプロデュース提供をしたのが岡田有希子である。その他、劇伴や映画、テレビドラマ、アニメ、CM出演など幅広く活躍された。
Wikipedia一部引用転載


【かしぶち哲郎-左・岡田有希子-右】
        【書籍『ヴィーナス誕生』より】ーかしぶち哲郎(左) 岡田有希子(右)

【かしぶち哲郎と岡田有希子】…岡田有希子さんは生前に4枚のアルバムをリリースしている。そして、豪華な作詞/作曲/編曲家の一流アーティストにも恵まれ楽曲を提供された。そのうち3枚のアルバムにかしぶち哲郎氏が参加する。特に4thアルバム『ヴィーナス誕生』では作詞/作曲のほか全編曲を担当している。

かしぶち哲郎氏がアルバムに参加するのは、2ndアルバム『FAIRY』(1985年)からで、「森のフェアリー」、「ポップ・アップ・リセエンヌ」がある。3rdアルバム『十月の人魚』(1985年)では、かしぶち哲郎氏は「Bien」を作詞・作曲を担当。
シングルでは、7枚目のシングル『Love Fair』(1985年10月5日)がキャニオンレコード(現:ポニーキャニオン)からリリースされ、作詞・作曲をかしぶち哲郎、編曲を松任谷正隆さんが担当、江崎グリコ「セシル・チョコレート」のCMソングとしても起用された。

「Love Fair」は第12回FNS歌謡祭優秀音楽賞や、第11回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭金賞など獲得する。シングル曲「Love Fair」はかしぶち哲郎氏にとって初めて手掛けた岡田有希子のシングル曲でもある。その2か月後(1985年12月)にベストアルバム「贈りものⅡ」がリリースされた。1986年1月29日シングル8枚目となる「くちびるNet work」がキャニオンレコード(現:ポニーキャニオン)からリリース、オリコン1位に輝き、編曲をかしぶち哲郎氏が担当した。同年3月21日に4thアルバム『ヴィーナス誕生』が発売され、全曲の編曲(「くちびるNet work」収録)を担当する。

1986年5月14日発売予定であった、シングル9枚目「花のイマージュ」(作詞・作曲・編曲はかしぶち哲郎)は、1か月前に岡田有希子の投身自殺?により発売中止となる。
かしぶち哲郎氏にとって「花のイマージュ」は、レコーディングからジャケット撮影まで準備が整い、これからシングル曲をリリースしようという矢先の出来事だったので、岡田有希子さんの訃報を聞いたかしぶち哲郎さんはショックが大きかったと思います。
作詞/作曲/編曲を全て自らプロデュース提供した楽曲だけに相当悔やまれたのではないだろうか?…


【かしぶち哲郎氏による岡田有希子楽曲提供4曲】
◉主に作詞/作曲/編曲を含む


『森のフェアリ―』
歌手:岡田有希子 作詞/作曲:かしぶち哲郎 編曲:松任谷正隆
https://youtu.be/ewGCBmPA2mw:引用元)
★2ndアルバム『FAIRY』1985.3.21日リリース



『ポップ・アップ・リセエンヌ』
歌手:岡田有希子 作詞/作曲:かしぶち哲郎 編曲:松任谷正隆
(https://youtu.be/njYEVIL86tg:引用元)
★2ndアルバム『FAIRY』1985.3.21日リリース



『Love Fair』[歌謡ドッキリ大放送!!'85.11.24より]
歌手:岡田有希子 作詞/作曲:かしぶち哲郎 編曲:松任谷正隆
(https://youtu.be/zPjyMXdhzLU:引用元)
★7枚目シングル曲『Love Fair』1985/10/5リリース



『花のイマージュ』'86.5.14日発売予定だった最後のシングル曲。
歌手:岡田有希子 作詞/作曲/編曲:かしぶち哲郎
https://youtu.be/_WRyRIh9WyY:引用元)
★その後1999.3.17日発売「メモリアルBOX」に初収録。
「ALL SONGS REQUEST」、「贈りものⅢ」にも収録されました。


◉POP-ポニーキャニオン パッケージ・オーダー・プロジェクト
 [懐かしの"レアアイテム"が復刻!]

main.jpg
・ポニーキャニオンが手掛けるPOP-ポニーキャニオン 
パッケージ・オーダー・プロジェクトは廃盤となり入手不可能な作品やCD化されていない作品をポニーキャニオンが原盤を持っている作品の中から厳選し、パッケージ化するプロジェクトが「POP」です。
お客様からのオーダー方式で、規定数に達した段階で商品化が決まるそうです。
★詳しいサイトはこちら! https://pop.ponycanyon.co.jp/


【岡田有希子とトニー】
訪問して頂きありがとうございます。
応援のボタン(FC2、ブログ村)を押していただけるとユッコもトニーも
今後の励みになるニャン😸

PVアクセスランキング にほんブログ村

ユッコスマイルをもう一度!
               ★ユッコスマイルをもう一度!

【花のイマージュ】・荻野目洋子と岡田有希子の友情

【花のイマージュと荻野目洋子】…「花のイマージュ」は、岡田有希子の楽曲。9枚目のシングル盤に予定されていた。
作詞、作曲、編曲ともかしぶち哲郎の手による。既に前作「くちびるNet work」の次作品として、レコーディングは完了し、ジャケットも完成されていた。本来なら1986年5月14日にキャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)から発売予定(品番7A0573)だったが、発売のおよそ一か月前の同年4月8日に岡田が死去したために発売中止となった。このため、前作の「くちびるNet work」が岡田の生前最後のシングル曲となった。初オンエアは岡田が死去する前日、ニッポン放送のラジオ番組『有希子・章子・麻里の夜遊びしナイト!』1986年4月7日(放送の最終回)においてのこと(番組の放送日は4月6日だが、深夜0:00を過ぎての放送)。
テレビ東京『ヤンヤン歌うスタジオ』の追悼コーナーで、デビュー当時の映像のバックに音声のみがオンエアされた。その後、多くのファンが”最後のシングル”として発売を求める地道な署名運動を行ない、岡田の親友だった荻野目洋子、事務所のマネージャー溝口伸郎、たけし軍団のメンバーも賛同していた。(出典:Wikipedia転載)

【花のイマージュ】…1986年5月14日発売予定だったが岡田有希子の投身自殺より発売中止となる。
それ以降は、1999年3月17日にキャニオン・レコード(現ポニーキャニオン)より発売となる。
アルバム曲「メモリアルBOX」に初収録曲、「ALL SONGS REQUEST」、「贈りものⅢ」にも収録されている。

【花のイマージュ】 歌手:岡田有希子
作詞:作曲:編曲 ともに、かしぶち哲郎
参考動画:https://youtu.be/cla7cH8TV-0:youtubuより引用

【岡田有希子ー荻野目洋子】
【岡田有希子/荻野目洋子】
画像:岡田有希子₋荻野目洋子(marunews.com):参照

【岡田有希子さん没後34年、芸能人でただひとり墓参りを続ける荻野目洋子との”友情"】
「見覚えのある人だと思ったら、荻野目さんだったので驚きました!ユッコのお墓参りにいらっしゃったのだと思います」(目撃女性)
一月中旬、愛知県愛西市にある成満寺(じょうまんじ)に姿を現したのは歌手の荻野目洋子(51)。"ユッコ"とは、荻野目の同期で18歳
という若さで亡くなったアイドル歌手の岡田有希子さんのこと。'86年に亡くなったあと、彼女はこのお寺に眠り続けている。
「その日は確かに、荻野目さんはいらしゃいました。数年に1回のペースですが、定期的に岡田さんのお墓参りに来ていただいております。今回は名古屋でライブがあったそうで、その合間に、お花を持って立ち寄られました」
そう話してくれたのは、成満寺の住職。荻野目といえば、数年前に再ブレークしたことが記憶に新しい。「自身最大のヒット曲「ダンシング・ヒーロー」に合わせて、大阪の「登美丘(とみおか)高校」ダンス部がバブル当時のファッションで踊った動画が話題に。
『YouTube』でも5000万回以上の視聴回数を記録し、'17年末の『日本レコード大賞』ではダンス部の生徒たちと本人が共演して『特別賞』を受賞したんです」(レコード関係者) 一方の岡田さんは、荻野目と同年の'84年4月に歌手デビュー。"ポスト松田聖子"との呼び声も高かった。「'84年は菊池桃子や長山洋子、吉川晃司などもデビューした"豊作年"でした。その中でもユッコは、竹内まりやがデビューからのシングル3部作を手がけたこともあり、頭ひとつ飛び抜けていましたね。しかし、人気絶頂期だった'86年に所属事務所が入居する都内のビルの屋上から飛び降り自殺。真相はわかりませんでしたが、彼女の後を追って自殺するファンまで続出し、社会問題になったほどです」(ワイドショースタッフ) デビュー前から親交を深めていたふたり 
当時のアイドル界で活躍したふたり。実は、デビュー前から親交があったそうだ。
「デビュー前に同じ先生から歌のレッスンを受けていて、年齢も一つ違いということもあり仲よくなったんです。東京の同じ高校に通い、テレビ番組での共演も多く、プライベートの相談もしていたほどです。そんな仲だったので、岡田さんが亡くなったときの荻野目さんは、精神的にそうとう参ってしまっていました」(芸能プロ関係者)
昨年4月で三十三回忌を迎えたものの、今でも多くのファンが岡田さんのお墓を訪れているそう。しかし、芸能人で足を運ぶのは荻野目くらいだという。「平日や土日関係なく、毎日必ずファンの方がいらしゃっておりますが、4月8日の命日には150人ほど集まりますね。なので、お墓に花を手向けたりされる以外にも、納骨堂の一部を岡田さんへのお供え物を置くスペースにしています。
荻野目さんがいらっしゃると、お茶をしながら岡田さんについての思い出やお仕事などの話をしてからお帰りになります。
以前は、ほかの芸能人の方も来ていましたが、今でもいらっしゃるのは荻野目さんだけですね」(前出・住職)
天国から見守る親友の分まで、荻野目はこれからも歌い続けてくれるはず—。
<週刊女性PRIME:https://www.jprime.jp/articles/-/17211:引用>

【荻野目洋子】
【荻野目洋子画像:http://newssu.blog.jp/archives/5860539.html:参照】

【荻野目洋子】…荻野目洋子は(1968年12月10日)は、日本の歌手、女優。80年代アイドル。株式会社ライジングプロダクション所属。本名は辻野洋子(つじのようこ、旧姓荻野目)。愛称は「荻野目ちゃん」。姉は女優の荻野目慶子。千葉県出身。血液型はB型。
アイドル歌手として1980年代中盤ころよりユーロビート調の楽曲を歌い、1986年(昭和61年)から1989年(平成元年)まで、「日本レコード大賞」の金賞を4年連続で受賞。また『NHK紅白歌合戦』に計5回の出場歴がある。
姉2人、兄1人、の4人兄弟の末っ子。次姉は女優の荻野目慶子。夫であるプロテニス選手、辻野隆三との間に3女あり。
父親はサラリーマンで、荻野目家は元々東京都内に家があった。父の転勤で姉の慶子は熊本県で生まれ、ようこの生誕までに荻野目家は都内に戻ったが、父親は職場が都内にありながら「子供は自然の中で育てる」という方針で千葉県に移り住み、洋子は千葉県柏市で生まれた。洋子が幼稚園に入る時、埼玉県比企郡嵐山町に移り住み、洋子が小学校5年生から、千葉県佐倉市に移る。中学校では卓球部に所属したが、仕事が忙しくなり断念。後述のように、洋子と慶子の都内へ通うのが負担となったため、父は一家で都内に移り住むことを決め、洋子の中学校卒業と同時に東京都内に引っ越した。堀越高等学校の芸能コースで3年次に井森美幸や岩井小百合、武田久美子らと同じクラスだった。劇団ひまわりのオーディションを受ける姉お荻野目慶子について行き、そこで歌を歌わされて姉と共に合格、埼玉県の東武東上線武蔵野嵐山駅が劇団から遠方であることや経済的理由で劇団には姉一人が通った。父と共に民謡を習っており、「完璧な発声」と言われた。1977年(昭和52年)公開の映画『獄門島』に実姉・慶子が子役として出演、その撮影を見学に行ったところ、突如市川崑監督から「出てみない?」と言われて、回想シーン役で映画出演した。
小学生4年生(1978年・昭和53年)の頃、テレビ番組、『ちびっ子歌まねベストテン』(東京12チャンネル(現テレビ東京))に出演していたところをスカウトされて芸能界デビュー。小畑和美(ミミ)、荻野目洋子(ルミ)、大森郁子絹子(クミ)による小学生女子三人のグループ『ミルク』として、1979年(昭和54年)4月、楽曲『ザ・あれからいちねん』(CBS・ソニー)でレコードデビュー。「ミルク」は、翌年8月、2枚目となるシングルレコード『リトル・キッス』(ワーナパイオニア)を発売したが、これを最後に自然解散となり、彼女の小学生芸能活動も一旦ここで終了する。
その後、中学生時代にキティ・フイルム製作の映画『ションベン・ライダー』のオーディションを受けたのがきっかけで1983年(昭和58年)中学2年生の頃にキテイ・フイルム製作のフジテレビ系のアニメ『みゆき』のヒロイン若松みゆき役の声優に抜擢された。
声優の仕事は、歌手としてのソロデビュー後、アニメ映画『バリバリ伝説』(1986年)のヒロイン伊藤歩惟役や、テレビ『ウゴウゴルーガ』のプラネットちゃんなど務める。『みゆき』終了後、高校1年生になったばかりの1984年(昭和59年)4月3日、「未来航海-Sailing」でビクター音楽産業よりソロデビュー。その年の新人賞レースにも多数参戦した。同期歌手には、岡田有希子、菊池桃子、吉川晃司、長山洋子、田中久美、渡辺桂子、宇沙美ゆかり、山本ゆかり、セイントフォー、少女隊、岡本舞子、倉沢淳美などがいる。その後も、シングル・アルバムをリリースし、多くのテレビやイベントなどに出演する。
デビュー当初は大きなヒット曲に恵まれなかったが、デビュー2年目の1985年(昭和58年)11月21日発売した7枚目のシングル「ダンシング・ヒーロー(Eat You up)」が初めてオリコンでトップ10入りし、彼女の最大のヒット曲となる。
女優としては、『早春物語』(1986年、TBS)、『赤ちゃんに乾杯』(1987年、TBS)、『こまらせないで』(1989年(平成元年)、フジテレビ)などでは、主演を務め主題歌も歌った。NHKのドラマ、連続テレビ小説『凛凛と』1990年(平成2年)、ドラマ新銀河『トーキョー国盗り物語』1993年(平成5年)、ドラマ新銀河『名古屋お金物語』1995年(平成7年)などに出演する。
又、アイドル・タレントとしてテレビのCMやバラエティー番組にも多く出演し、「ダンシング・ヒーロー(Eat You up)」の盆踊り版は1986年、名古屋市を発祥の地として、愛知県、岐阜県をはじめとして、各地の盆踊りで採用されて、2018年には日本三大七夕まつりのひとつ「一宮市七夕まつり」の七夕スペシャルミニライブに出演した。
1988年(昭和63年)には、アメリカのブラック・コンテンポラリー界の重鎮ナラダ・マイケル・ウォルデンをプロデューサーに迎えてのアルバム『VERG OF LOVE』を製作。1986年(昭和61年)から4年連続で日本レコード大賞の金賞を受賞。
『NHK紅白歌合戦』に5回出場し、二度の返り咲き出場を経験している。
<出典:Wikipedia転載引用文献>

【ダンシングヒーロー(Eat You up)】1985年
訳詞:篠原仁志 作曲:A.Kate - T.Baker 編曲:馬飼野康二

参考動画:https://youtu.be/szY0EBxqdzA:youtubuより引用

【岡田有希子と荻野目洋子について】…二人はデビュー前から親交があり、同じ先生から歌のレッスンを受けていた。
岡田有希子と荻野目洋子は芸能界で唯一仲のいい友達だと、ザ・ベストテン(1986年2月13日)でも述べている。岡田有希子の方が荻野目洋子より一つ歳は上だが、荻野目洋子の性格を「すごくマイペースですごくのんびりしていてしっかりしているところ」と答えている。荻野目洋子は岡田有希子の性格を「一つ上とは思えないぐらいしっかりしていてすごくあかるいところ」と答えている。プライベートでは食べ物の話しや学校の事をお互い話ししたりするという。
男性の話では、二人とも早くみつけたいね!どんなタイプが好きと司会の黒柳徹子が訪ねると荻野目洋子は「すごく面白い人」と答え、岡田有希子は「優しくて頼れる人」と答えていた。1986年(昭和61年)4月8日岡田有希子さんの投身自殺が報道された時、荻野目洋子さんは酒井広のうわさのスタジオの番組中継の中で報道陣にインタビューで答える。彼女岡田有希子さんの投身自殺を知ったのはちょうどお昼ご飯を食べようとおそばやさんに入った時ニュースで訃報を知ったという。お気持ちとしてはどうですかと聞かれると、うつろ気に今でも信じられない!何が原因で理由で亡くなられたか理解しようとしているんでしょう?…わからないです。
岡田有希子さんとの思い出で一番思い出される思い出は何ですか?
と聞かれるとちょっと今考えられない!考えられないぐらいに荻野目洋子さんはショックだったんだと思う。…岡田有希子さんがもし今でも健在だとしたら何を伝えたいですか?
私じゃ何もできないかもしれないけれど、少しは相談とかしてほしかったな…報道陣の質問も失礼だが荻野目洋子さんが岡田有希子さんに語る気持ちは親友として固い絆で結ばれていると思う。
荻野目洋子最大のヒット曲「ダンシング・ヒーロ」では、岡田有希子の故郷でもある愛知県、そして岐阜県をはじめ盆踊りにも採用され岡田有希子の故郷愛知県一宮市で日本三大七夕まつりのひとつ「一宮市七夕まつり」の七夕スペシャルミニライブを開催するほど岡田有希子のゆかりの地に縁がある。今は、荻野目洋子さんはプロテニス選手の辻野さんと一緒に3女の母として奮闘している事でしょう。きっと向こうの世界から岡田有希子は荻野目洋子さんの無事を見守っているのだと思います。…
参考動画:https://youtu.be/jOb7aRD6KaQ:youtubuより引用

★荻野目洋子オフィシャルサイトはこちら!!
http://www.oginome.com/index.html

【岡田有希子とトニー】

       👇ポチっと応援して頂ければユッコもトニーもうれしいニャン‼
ブログランキング・にほんブログ村へ



竹内まりやと岡田有希子

【竹内まりやと岡田有希子】…2019年10月16日ポニーキャニオン発売の「岡田有希子 Mariya's Songbook」は、竹内まりやの40周年記念アルバム「モアベスト&レアリティーズ&カバーズ「Turntable」にちなんで発売される。セルフカバーに「ファースト・デイト」「恋、はじめまして」「憧れ」の3曲のオリジナル音源も収録されている。そして、竹内まりやさんは、次のようにコメントされている。…彼女が生きていたら52歳…没後33年経った今も、あの愛くるしい笑顔とほのかな憂いを含んだ歌声が私の胸の奥に深く残っています。デビューから連続での3部作をはじめ、私にとって最も多くの楽曲を提供した歌手は、他ならぬ有希子ちゃんでした。33年の歳月を経て、やっと私自身がデビュー40周年記念のアルバムで「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」をセルフカバーすることができた今年、ほぼタイミングを同じくして、思い入れの深かった有希子ちゃんへの提供作品がここに1枚のソングブックとしてアルバム化できることを心から嬉しく思います。まぶしいティ-ンエイジャーのまま姿を消してしまった彼女は、まさに「永遠のアイドル」となり、あの頃と変わらぬ歌声で青春のときめきとせつなさを私たちに与え続けています。…

(10月16日発売アルバム「岡田有希子 Mariya's Songbook」より竹内まりやさんのコメント引用)
【岡田有希子と竹内まりやのコンピレーション】
【岡田有希子と竹内まりやのコンピレーション】
(https://youtu.be/6GlK7gGTZ4Myoutubuより引用)

【竹内まりや:岡田有希子提供曲カバーソング】
( ファースト・デイト 竹内まりや 岡田有希子:https://youtu.be/KO51dI8XdMw?list=RDKO51dI8XdMwユーチューブより引用)
(竹内まりや - 憧れ (longing) [lyrics] :https://youtu.be/pV83sp9jtgwユーチューブより引用)
(竹内まりや 恋、はじめまして :https://www.youtube.com/watch?v=EQdd-p_Ss_Q&feature=youtu.beユーチューブより引用)

岡田有希子の歌声は天使のような歌い方に成長していく。作詞作曲の竹内まりやのシンガーソングライターの才能・技量もあり岡田有希子の心情を誰よりも見抜いていた竹内まりやは他の人とは違う。そんな一流の方々の力も加わり、デビュー曲「ファースト・デイト」とつながる。この時点では、まだ歌は荒削り状態だがシングル2曲目となる「リトルプリンセス」ではサビのところが伸びてさえる。そして、シングル3曲目「Dreaming Girl 恋はじめまして」で数々の受賞を獲得する。竹内まりやの作詞作曲としての才能が認められ、岡田有希子の歌唱力も共に認められた。岡田有希子は、例えるならダイヤモンドに近いかもしれない。原石のダイヤはまだ光っていないが、削ったり、磨いたりしてピカピカのダイヤモンドに光る。彼女の歌声もだんだん心地よい歌い方に変化し上手くなっていく。いずれも、歌い方が違ってたりして、小鳥のような歌声だ。あるいは、妖精、天使かもしれない。竹内まりやは、岡田有希子に提供した楽曲が作詞作曲が9曲+作詞のみ2曲をあわせた11曲を提供している。11の数字はカバラ数秘術のマスターナンバー11にあたる。また、竹内まりやは岡田有希子「ファースト・デイト」「憧れ」「ロンサム・シーズン」3曲のバックコーラスに参加をするほどの熱の入れようである。
【岡田有希子Mariya’Songbook】
【岡田有希子 Mariya' Songbook】
(画像:https://gramho.com/media/2159644735333740732参照)
(岡田有希子 Mariya’s Songbook:https://youtu.be/x8B_dD6HAqIyuotubu引用)

◎憧れー岡田有希子:作詞:作曲:竹内まりや 編曲:萩田光雄
( 岡田 有希子 ‎– 憧れ (HQ) (Subtitulos español and eng)https://www.youtube.com/watch?v=VwaZqPDkwkAyoutubuより引用)

◎超音波、ビブラートについて岡田有希子の歌声分析された「またろう」さんのサイトはこちら!
(参照:http://www2s.biglobe.ne.jp/~matarou/yukiko/voice/index.htm)

★参照ブログの紹介!ー永遠のアイドル岡田有希子さんの紹介~ユッコのページ~竹内まりやさんが33年の時を越えて語る…はこちら参照!

【竹内まりやさんの実家は竹野屋旅館】…竹野屋旅館は出雲大社から100メートルほどの参道にあり、開業以来140年の歴史ある老舗で竹内まりやさんの実家でもある。土日はなかなか予約は取れないという。皇族が利用されたこともある格式の高い旅館である。5代目を長男(まりやさんの兄)が継いでから、経営が悪化していたが、現在のオーナーは竹内まりやさんが受け継ぎ、6代目オーナーとして竹野屋旅館を再建の為日々奮闘中である。出雲へ寄るときは必ず墓参りと出雲大社へ訪れるという。きっと出雲大社の神が旅館を守ってくれているのだろう。

【岡田有希子と熱田神宮】…岡田有希子(佐藤佳代)の実家は、当時金山駅の近くだった。金山駅から熱田神宮までは、徒歩で約30分のところにある。4年生の時本格的に絵画に興味を持ち、絵画教室へ通う。この頃、佳代は母に自分の夢を語る。「1年経って、先生に『才能がある』と言われたら、芸術大学に行きたい!」感性の鋭い佳代は絵を描くことに関し、素晴らしい才能を持ち、写生大会では、木々の緑、石段の描き方、城の量感、神社の屋根、雲の色までも細かいところまで、繊細に描き、食事も摂らないまま描いた絵が入賞した。5年生には、朝日新聞社の写生で入選、教育委員会賞など数多い賞を貰う。6年生には、熱田神宮1番の「宮司賞」を、絵に対する感性は優れていた。「真剣に絵の勉強がしたい!」と、両親に言い、6年生から、日本画、油絵を教える先生に週1回通いながら本格的にデッサンを学び始める。熱田神宮を描いた頃は、佳代として毎回参拝したのだろう。熱田神宮の神が佳代に絵の才能を与えたと思われる。

◎竹内まりやと岡田有希子は、出雲大社の神と、熱田神宮の神の力が協力し合って結ばれた影響があるといえる。いわば、「宿命」で二人は深い絆でつながっており、同じソウルメイトである。無数にあるパラレルワールドへの影響もあるため、この地球(三次元)では、岡田有希子は亡くなったが他のパラレルワールドでは岡田有希子は生きている。「宿命」とは生まれる前からすでに決まっており、中々かえることはできないが、予知夢や夢はパラレルワールドの世界とつながっているため、その情報がテレパシーでパラレルワールドの世界へ情報が送信される。この送信された情報をわたしたちは、予知夢や夢としてみている。細かく言えば「アカシックレコード」といわれる、現在、過去、未来はつながってるためこのことを「メビウスの帯」ともいう。したがって、岡田有希子が、シングル3曲目「Dreaming Girl 恋はじめまして」で数々の受賞を獲得できたのも、神々の力と竹内まりや楽曲提供の11曲は、カバラ数秘術マスターナンバー11と影響しているといえる。

  - Dreaming Girl - 恋 はじめまして - 岡田有希子 (Yukiko Okada) - 1984年https://youtu.be/8WcErz3ReXoyoutubu引用

作詞:作曲:竹内まりや 編曲:萩田光雄

ブログランキング・にほんブログ村へ                    






プロフィール

dqa44y8y9jlf

Author:dqa44y8y9jlf
FC2ブログへようこそ!
ハム太郎

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

ブログ村ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

リンクについて

当ブログサイトはリンクフリーです。 相互リンク・相互RSSを募集中! (アダルトはNG) コメント欄にてご連絡下さい。

著作権について

記事は主にWikipediaを転載しています。掲載している画像及び動画・文章 の著作権肖像権等は各権利所有者様に所属します。当ブログサイトは上記の権利やプライバシーを侵害する意図は全くございません。各権利所有者様におかれまして、記事不適切な箇所がございましたらコメント欄にご連絡ください。速やかに対応致します。