fc2ブログ

『瞳はヒミツ色』/岡田有希子

【『瞳はヒミツ色』】…

1985年(昭和60年)2月10日は岡田有希子さんのエッセイ集『瞳はヒミツ色』がワニブックスから発刊されました。

エッセイ集の撮影場所は旧向ヶ丘遊園、生田緑地のバラ苑。エッセイ集の内容はニッポン放送岡田有希子ちょっとおあずけ」の収録スタジオでのトーク、イベントやコンサート、テレビなど岡田有希子さんの思いをエッセイや詩を交え写真を交えた青春ベストセラーズな一冊となっています。(フォト/エッセイ集/日記)/(全213P/モノクロ写真78P/カラー24P)


エッセイ集『瞳はヒミツ色』(ワニブックス)1985.2.10(表紙、裏表紙)   エッセイ集『瞳はヒミツ色』(ワニブックス)1985.2.10(表紙、裏表紙)


瞳はヒミツ色    『瞳はヒミツ色』より  メッセージ

"有希子のエッセイ集を作るョ"そう言われたとき、最初は単純に「ワ~イ♡」
 なんて喜んでたんです。

 普段、TVとかでは見てもらえないことを知ってもらおうと思って…

 でもいざ書こうとすると、このお仕事、すごく大変なコトなんだって
 気づきました。

 だって、まず何から書いたら良いのかもわからないし…

 私の思ってることがみんなには違ったニュアンスで受けとられたりは
 しないかしら…、そんな考えが頭の中を駆けめぐって、しばらく考えこんじゃった    
 りもしました。

 でも、いつも暖かい応援で有希子を支えてくれる皆さんに、少しでも
 たくさんのこと、わかってもらいたくって、精一杯書きました。

 どうか私の気持ちが伝わりますように…

 それではレッツ・スタート

 最後まで読んでくださいネ♡



ニッポン放送「岡田有希子ちょっとおあずけ」の収録スタジオ      ニッポン放送「岡田有希子ちょっとおあずけ」の収録スタジオ
                   『瞳はヒミツ色』から 1985.2.10

瞳はヒミツ色ーイラスト:岡田有希子    イラスト:岡田有希子



コンサート「恋はじめまして」大阪厚生年金会館中ホール 1984.9.24    コンサート「恋はじめまして」大阪厚生年金会館中ホール 1984.9.24
                   『瞳はヒミツ色』から 1985.2.10

 9月24日

  大阪厚生年金でのコンサートが終ったよ。

  でも、自分なりに一生懸命がんばれた‥と思う。

  みんなも、手拍子とか声援とかいっぱい応援してくれた。

  それがすっごく一番最初に「ユキコー」っていう声が

  聞こえた時、”ホッ”とした。

  みんなに、お礼が言いたいんだけど、結局うまく言えなくて

  でも本当にすっごく感激した。

  また、コンサートが開けて、今日、来てくれた人たちがまた

  来てくれたらいい。

   がんばるゾー。

                    「有希子の日記より」



『瞳はヒミツ色』より         『瞳はヒミツ色』より

 「夢や憧れは本気でぶつかっていけば、自分のものにしていける気がするの。」

 「自分がやりたいことのために、自分の力をためしてみたかったの。
  だから最後まで、自分の責任としてやりとげたかったのです。」

                   (PP56~P62)一部抜粋



瞳はヒミツ色ー岡田有希子:詩     有希子の書く詩は

     いつも恋少女の夢ばかり

     ねえ、ときどきは

     私をふり返ってみてね

     我がままいわない、一度でいい

     たった24時間だけ

     私の側にいてくれるだけでいいの

             『瞳はヒミツ色』より


『瞳はヒミツ色』より  メッセージ(最終ページ)      『瞳はヒミツ色』より  メッセージ(最終ページ)

   今、あなたはどんなことを思ってるんでしょうか?

  ちょっぴり不安な気持ちDESU…

   「つまんなかったナ…」なんてお願いだから言わないでくださいネ!

   私が今まで生きてきた17年間のこと、そして今考えてること、書いた

  つもりです。

   もちろんこの本一冊で私のことぜ〰〰んぶわかってくださいっていう

  のは無理だって思います。

   だって有希子自身、自分のことってよくわからないんです。

   これからだってどんどん変わっていくと思うし…

   でもこの本によって、みんなが有希子について新しい発見をしてくれ

  て、そしてまた有希子のこと応援してくれたら、とってもうれしいナっ

  て思います。

   いつまでも一緒にいてネ♡



◉こちらの”ブログ”も応援宜しくお願いします(*^-^*)
アメブロ:昭和の伝説アイドル★岡田有希子 (ameblo.jp)にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

           訪問して頂きありがとうございます。
応援のボタンを押していただけると今後の活力となります。
ランキングにも参加している為ブログランキング,ブログ村のボタンを
クリックお願いします。ユッコもトニーも励みになるにゃん😸


ワンクリック のご支援をお願いします!
みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります。


PVアクセスランキング にほんブログ村

FC2ブログ【岡田有希子の謎】予知夢・超能力の記事の一部が    
 愛知ライフ.comというサイトでも紹介されています!
スポンサーサイト



ユッコ 今日は何の日?東京大学駒場祭(未公開写真)

★今回の記事は今年37回忌を迎えた岡田有希子さんの命日である4月8日に雑誌
「FLASH」の記事に掲載された未公開写真について触れていきたいと思います。

「FLASH」はグラビア系の雑誌であり毎週火曜日発行の光文社から発売されている
週間誌です。



岡田有希子、デビュー5ヶ月前の写真発見…
16歳の少女は東大のイベントで商品係【没後37年】




あの事件は、写写丸世代人生最大の衝撃だった―1stシングル発売5ヶ月前、
東大・駒場祭のアシスタント修業でユッコが見せたファースト・スマイル!



東京大学駒場祭(未公開写真)      駒場祭のアシスタント係(商品を渡す係)

       自死から37年…未公開写真があった! 
      「今度デビューする、岡田有希子です」


「芸能界に入るのは、私の夢を実現するためよ。カンヴァスが舞台に変わっただけよ」
 絵が得意な名古屋の女子中学生・佐藤佳代は、芸能界入りに反対する両親をこう説得したという。

 1983年3月の『スター誕生!』(日本テレビ系)で合格し、岡田有希子と名づけられた少女は、翌1984年4月21日、16歳のときにシングル『ファースト・デイト』で華々しくデビューした。


 今回紹介する、緊張気味にステージに立つ岡田の写真は、1983年11月18日、そのデビューから5カ月も前の未公開カットだ。

撮影したのは、高校生だった富永肇さん(58)。当時を振り返り、こう語る。

「僕は当時カメラ小僧で、つちやかおりさんのコンサート目当てで、東京大学駒場祭に出かけました。少し早く着くと、会場ではチャリティーオークションをやっていて『かわいいコだな』と、ステージの女性を何枚か撮ったんです」

富永さんの記憶では・司会者は岡田を"新人のコ"と簡単に紹介し、岡田も商品を渡す役割に徹していたという。
オークションが終わった後、ステージを降りた岡田をともなって、マネージャーが富永さんのところに駆け寄った。

「今度デビューする、ウチの岡田有希子です。よろしくお願いいたします!」「岡田有希子です。よろしくお願いします。」
富永さんは2度、シャッターを切った。



東京大学駒場祭(未公開写真)        ステージを降り、一対一に



「通常はアイドルを呼び止めても、マネージャーに撮影を断られることが多いんです。なぜかこのときは、岡田さんはまっすぐカメラを見つめてくれて、マネージャーも『どうぞ、どうぞ』と少しだけ、一対一にしてくれました。主催者側のカメラマン以外、僕しか写真を撮っている人がいなかったからかなあ」(富永さん)

このとき、岡田を招いたのは東大のサークル・歌謡曲研究会。当時を知る関係者が、経験を思い起こしてくれた。

「あのころは、大学のアイドル研究会と芸能プロダクションの距離が近く、特に(岡田が在籍していた)サンミュッジックは。歌謡研で作っていたミニコミで、デビュー前の新人を取材させてくれたりしました。

ユッコもそうして事務所が売りこんできた一人で、こちらからオファーしたわけではなかったはずです」

作家で、アイドル評論家の中森明夫氏にも写真を見てもらった。「すごく貴重な写真ですね。非常に懐かしい…そして、デビュー前なのにオーラがありますね。この写真の1年後には、レコード大賞最優秀新人賞を獲ることになるんですよ。

僕も、'85年にテレビ局でご挨拶したことがあります。ものすごくかわいかったですね。笑うとエクボができて…亡くなる半年前でした」

'86年4月8日、岡田は東京・四谷のサンミュッジック本社屋上から飛び降りた。享年18。

「僕は命日に、毎年現場で手を合わせています。今年は土曜日だから、かなりの人が集まるんじゃないかな。

37年経ってもみんな忘れないし、若い人も来ています。人気絶頂で、さらにこれからというときに亡くなった。、伝説のアイドルですよ」(中森氏)


駒場祭から辿ること一カ月、'83年10月20日の岡田の日記にはこうある。

「絶対、誰にも負けたくない聖子さん、百恵さんのような日本を代表するトップスターになりたい」アシスタント役でも、そんな決意で立ったステージだったはずだ。

      写真・富永 肇 参考文献・『愛をください』(朝日出版社、88年)

                          FLASH 4.18日号



東京大学駒場祭(未公開写真)       ステージを降りて、まっすぐカメラへ


東京大学駒場祭(未公開写真)      先輩アイドルが出品した衣装などを手渡す係だった。


東京大学駒場祭(未公開写真)       未公開写真・1 (FLASH 4.18号)

東京大学駒場祭(未公開写真)       未公開写真・2 (FLASH 4.18号)

BOMB・4月号   東大駒場祭・アイドルグッズのオークションのゲストとして('83.11.18)                
    佐藤佳代(岡田有希子)さん(左)  歌謡曲研の徳永さん(右)   
                          BOMB!4月号(1985)



岡田有希子 Special Collection
https://youtu.be/DhsSccBp1yw:引用元

◉こちらの”ブログ”も応援宜しくお願いします(*^-^*)
アメブロ:昭和の伝説アイドル★岡田有希子 (ameblo.jp)にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ


JUGEMUブログ:【岡田有希子の謎】予知夢・超能力…邦楽ランキング


にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

           訪問して頂きありがとうございます。
※最近応援ボタンが少ないです。
応援のボタンを押していただけると今後の活力となります。
ランキングにも参加している為ブログランキング,ブログ村のボタンを
クリックお願いします。😸


ワンクリック の応援をお願いします!
みなさまの ワンクリック のご応援が何よりの励みになります。


PVアクセスランキング にほんブログ村

FC2ブログ【岡田有希子の謎】予知夢・超能力の記事の一部が    
 愛知ライフ.comというサイトでも紹介されています!

ユッコ 今日は何の日?週刊明星 昭和61年6月12日号

【週刊明星 昭和61年6月12日号】…

1986年(昭和61年)6月12日は、週刊明星による岡田有希子さんの四十九日メモリアル 岡田有希子として週刊誌に掲載された日です。生前の岡田有希子さんの写真集や週刊誌からの貴重な画像特集となっています。画像の一部がTwitterやブログ、Pinteres(ピンタレスト)、Instagram(インスタグラム)などで今も多くの方にクリップボードやピン、メッセージ、投稿といった記事に扱われています。

★今回は「週刊明星 昭和61年6月12日号 岡田有希子さんの四十九日メモリアル」を振り返っての特集です。



週刊明星 昭和61年6月12日号 ー岡田有希子       あ の と き の 笑 顔 岡 田 有 希 子

週刊明星 昭和61年6月12日号ー岡田有希子・2     
 四季の中では、春がいちばん好きだったね。
「ウキウキするじゃない」ってはにかんだようにほほえむユッコが印象的だった。
春は物事の始まりの季節。計画を立て、それをちゃんと実行しないと気がすまない
性分のキミにとって、"はりきりがいのある"季節だったんだね。
「今年は、本格的に英語を勉強します。字幕に頼らず洋画が見たいから」って
燃えてたね。


週刊明星 昭和61年6月12日号ー岡田有希子・3     
 「キツ~イ日差しにあたるとクラッとしちゃう"モグラ体質"なの」なんてジョークを飛ばした夏のユッコ。そんなことを言いながらも「高校生の頃はサッカー部のマネージャーとし合宿にも参加して"ガンバ"してたんですよ」とまんざらな季節でもなさそうだったね。「早くスキューバダイビングがしたい」って言っていた瞳の輝きが忘れられない。

週刊明星 昭和61年6月12日号ー岡田有希子・4     
 秋といえば、読書、スポーツ、食欲の季節。その中では読書にいちばん時間をさいていたユッコ。川端康成、谷崎潤一郎、カフカなんていう純文学の名作を読みこなしていたのにはビックリ。
 ファッションも18才になった去年の秋は、ぐっと大人っぽくキメて「シブイ色調にこってるの。似合っているかしら」と問いかけてた笑顔は、とってもセクシーだった。


週刊明星 昭和61年6月12日号ー岡田有希子・5     
  朝が不得意だったユッコにとって、夜明けが遅くてさむ~い冬の朝は特につらい。ちっちゃい頃は早起きして、スケート場に行ってガンガン滑ったけど、歌手になってからの冬のオフの日はの~んびりショッピング。あるいは下宿先の相沢社長宅の縁側でお茶とお菓子でニッコリ。「くら~いなんて言わないで。やってみるとほっとするんだから」と抗議の唇。

ユッコ 今日は何の日?週刊明星 昭和61年6月12日号ー岡田有希子・6
  素敵な笑顔をいっぱい残してくれたユッコ

  でも、天国にいる彼女の心は悲しみでいっぱいのはず

  "私を思ってくれる気持ちは

  うれしいけど、どうかその分一生懸命生きて!

  ファンにそう叫びたいに違いない

  もうこれ以上、彼女を悲しませるのはよそう

  ユッコのわがままを許してあげよう



First Date / Yukiko Okada(岡田有希子/竹内まりやコラボ)
歌:岡田有希子/竹内まりや 作詞作曲:竹内まりや
https://youtu.be/B6Q3KiI2A00:引用元

★ユーチューバーDJcooさんによる素敵なアレンジ
 竹内まりやさんバージョンでの岡田有希子さんの「ファース・トデイト」。
 まりやさんと有希子さんのコラボが見事にマッチング!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

              訪問して頂きありがとうございます。
今迄応援のボタンを押していただきありがとうございます。
今回の記事が最後です。ランキングにも参加している為ブログランキング
ブログ村のボタンをクリック押して頂けたら幸いです。😸


 ※ワンクリック のご支援をお願いします!
みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります。
改めて"一時休止"のお知らせをしたいと思います。
今迄ありがとうございました。


PVアクセスランキング にほんブログ村

プロフィール

dqa44y8y9jlf

Author:dqa44y8y9jlf
FC2ブログへようこそ!
ハム太郎

カテゴリ

アクセスカウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ村ランキング

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

リンクについて

当ブログサイトはリンクフリーです。 相互リンク・相互RSSを募集中! (アダルトはNG) コメント欄にてご連絡下さい。

著作権について

記事は主にWikipediaを転載しています。掲載している画像及び動画・文章 の著作権肖像権等は各権利所有者様に所属します。当ブログサイトは上記の権利やプライバシーを侵害する意図は全くございません。各権利所有者様におかれまして、記事不適切な箇所がございましたらコメント欄にご連絡ください。速やかに対応致します。