fc2ブログ

鳥たちのメッセージ!![再編集版]

【鳥たちの伝言】…この世界は、間もなく異次元に移行する。そして、三次元の地球は、又やり直すことになる。だから、日本人も早く目覚めないといけないと鳥たちが言う。このまま進むと、二極化が進み、一方で化学を駆使した人間進化(トランスヒューマニズム)、一方では精神的(霊的)な世界に移行する。化学的な世界を選んだ人、つまり体内にマイクロチップなどを埋め込む人々(トランスヒューマニズム)は、神の真意に反意し、悪魔に魂を売るような行為なので死ぬまで奴隷の道を歩むこととなる。精神的、つまり霊的な世界を選ぶ人は、金の欲にとらわれず、エゴがないひと、見えないものの世界を信じている人、信仰心と祈り、このことを強く思う人。この人たちは異次元のパラレルワールドに行くか、5次元以上の世界に行く。いずれにしても、人間一人一人にゆだねられており、神は強制しないかわりに人間に選択の自由を与えた。神は心までは強制はしなかった。神の優しさである。わずかな人々を神は救いたいと考えている。だから祈りしかない!真面目に祈れば、かなり神に届くと、鳥たちは言う。鳥たちも、いろいろとお祈りし、中には涙を流して祈りをしてる鳥たちもいる。そういう気持ちらしい…鳥も人間も森羅万象の生き物全てに対して。…

              【小鳥は天使の使い】
              【鳥たちのメッセージ】

【人口削減ー悪魔のコロナワクチン接種】…いよいよ日本でもコロナワクチン接種と称して、"2月17日から開始されました。
多くの人がワクチン接種と聞くとコロナウイルス感染のための予防でしょ?と思っている方々がいるようですが、コロナワクチン接種は決してコロナウイルス感染を予防する為のワクチンではありません。私の知ってる限りでは1972年当時のWHO世界保健機構ではその極秘文書が内部に漏洩しワクチン接種は人口を削減するために開発された殺人兵器だということを関わっていたジャーナリストが暴露したことで有名です。ですが多くの日本人がこの事実を知らないのが現状です。そして、サイトのブログや最近YouTube動画でも警鐘を鳴らしている方々が多くいらっしゃいます。先ず、自分で調べて見てください。今、覚醒しないと奴隷もしくはあなたの命が危険にさらされる恐れがある。そして、あなたの大事な家族や友人たちも。最後にこんな言葉があります。
『無知は罪』という言葉があります。
(参照:日本のマスコミが報じる国内初の新型コロナワクチン接種後の死者!:福田元昭の「桜の木になろう」)

(参照:人口削減計画書類の内容">第10話 WHOで発見された人口削減計画書類の内容:引用元)

★ワクチン(マイクロチップ)や5Gについて参考に詳しく述べてくださっているブログを紹介します。こちらを参照してください。
福田元昭の「桜の木になろう」:参照

噓八百のこの世界:参照

日本の匠と美・ほさか:参照

貴方の素晴らしい人生に乾杯♪笑顔と感謝で幸運な人生に(^^♪:参照

【ヨハネの黙示録】…ヨハネの黙示録とは、イエス・キリストの黙示。この黙示は、すぐにも起こるはずのことを、神かその僕(しもべ)たちに示すためキリストにお与えになり、そして、キリストがその天使を送って僕ヨハネにお伝えになったものである。ヨハネは、神の言葉とイエス・キリストの証し、すなわち、自分の見たすべてのことを証しした。この預言の言葉を朗読する人と、これを聞いて、中に記されたことを守る人たちとは幸いである。時が迫っているからである。

【ヨハネの黙示録】…[第13章15節]…第二の獣は獣の像に息を吹き込むことをゆるされて、獣の像がものをいうことさえできるようにし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにさせた。また、小さい者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、その刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。
<参考…新共同訳―聖書転載より>  
※刻印とは、現在のワクチン接種などに“マイクロチップ”が今後含まれるといわれている。

[第14章9節]…また、別の第三の天使も続いて来て、大声でこう言った。「だれでも、獣とその像を拝み、額や手にこの獣の刻印を受ける者があれば、その者自身も、神の怒りの杯(さかずき)に混ぜものなしに注がれた、神の怒りのぶどう酒を飲むことになり、また、聖なる天使たちと小羊の前で、火と硫黄で苦しめられることになる。その苦しみの煙は、世々限りなく立ち上り、獣とその像を拝む者たち、また、だれでも獣の名の刻印を受ける者は、昼も夜も安らぐことはない。」ここに、神の掟を守り、イエスに対する信仰を守り続ける聖なる者たちの忍耐が必要である。     <参考…新共同訳ー聖書転載>

※黙示録にも書いてあるように、獣の刻印を押す人は、神の裁きの時には昼も夜も安らぐことはないような地獄が待っているといえる。


ヨハネの黙示録【カバラ数秘術】(参考動画:https://youtu.be/F3-IyyfwSjY:引用元)

【岡田有希子とトニー】
訪問ありがとうございます。
応援のボタンを押していただけるとユッコもトニーも今後の励みになるニャン😸

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーサイト



鳥たちのメッセージ!!第二弾: 漆黒のシナリオと結末(終末)

【鳥たちの伝言】…いよいよ鳥たちが興奮してうるさいので伝えることにします。先に天使について質問があるのは、鳥と同一視されてますが、それは何の鳥ですかと聞かれると、それはタカとハヤブサらしいのです。ハトは平和の象徴と聞かされると思いますが、聖書では天使ガブリエルも鳥(白い鳩)に変化してお告げをしたりする役目があると伝えられます。尚、鳥には霊感、特に心優しい人のオーラが車(虹色)にあらわれ、鳥たちに見えるので、目の前を横切ったり鳴き声で知らせたりします。いつも見守ったり人の行動を天使に知らせたりしてその後の事に関してどうしたら良いのかアドバイスとして教えてくれるそうです。テレビで確か、3日前に全国の空に雲間に丸く穴が空いたという現象が報道されましたが、ある人は地震の予兆とか何か異常気象の前触れとか言ってますがコレも、そんな小さな事ではないらしいのです。もっと大きな歴史の繰り返しの出来事になると言ってるのです。今の地球は次元上昇のまだ幼稚園児らしい。
【小鳥は天使の使い】
だから速く成長しなくてはならないのです。そのために現代がある。でもそれが出来ないように悪魔たちが邪魔をしてるのです。しかし、それは時間が解決します。

さてこれから本題になりますが、この世は誠に嘘偽りの世界で溢れています。過去に戦争や飢餓伝染など、伝染病いずれも人が原因で引き起こされた罪による惨事なのです。これらに反省及び罪滅ぼし等形として、今までの罪の浄化をすれば良いのですが、良心の欠片(かけら)もない人は自ら地獄の道を選ぶ事になり永遠の火の池で苦しむことになります。
ゆえに速く人として、目覚めないと手遅れになると言ってるのです。それよりも神は、誰一人助けられるように祈りなさいと言っているのです。只、祈りだけではまだ不十分ですが。この上ない人としての生き方は何かを教えてます。悪魔は、昔天使でしたが人はいろいろとゴミを出してるのでそんな人間に仕えないといけないのか、と納得が付かず神になりたくて逆らい天使ミカエルと戦い結果的に負けて地上に落とされました。いわゆる聖書に書かれている明けの明星という言い伝えとして、残ってるのです。
でも、悪党ばかりではなくて真理を知ってる人はおおよそは理解できるのです。同じ人間でも二極化のどちらか選ぶとしたら支配するか支配されるか本人次第で選択する様に神は委ねてるのです。今はまだ考える余裕が有りますが、もうそんなに時間が有りません。まもなく大異変が起きるのでこれが最後の警告と覚えてください。鳥たちがこの事で騒いでいます。
間もなく最後の審判の日が近い事を。

Last supper:(最後の晩餐)
(参考動画:https://youtu.be/9Y9qCsIPzNoyoutubu引用)

The Passion of the Christ-HD(キリストの受難)
(参考動画:https://youtu.be/4Aif1qEB_JU引用)


決して噂だけではないので十分に気を付けて天の空を見ていてください。この前の雲の穴あきは異変の前兆を知らせる印です。
平穏な生き方がなぜ出来ないのか、鳥は特に不思議に思っているのです。人は正に罪人なのです。少しでも次元上昇したくないのでしょうか?鳥は日本全国各地で移動してるのです。間もなく、鳥の姿も見れなくなるでしょう。今からでもまだ間に合います。
早く目覚めて良い世界で完成して新しい世に向いましょう。哀れな人達の為にこれが最後ととらえて真面目に考えてくれます様に祈りたいと、鳥は告げてくれています。
<by:天使👼=鳥(聖霊)🐤=知人👤=ブログ管理人(編集)によるコラボ掲載記事

<参照:鳥たちのメッセージ!!>

【岡田有希子とトニー】

        👇ポチっと応援して頂ければユッコもトニーもうれしいニャン‼

ブログランキング・にほんブログ村へ

鳥たちのメッセージ。

【鳥たちの伝言】…この世界は、間もなく異次元に移行する。そして、三次元の地球は、又やり直すことになる。だから、日本人も早く目覚めないといけないと鳥たちが言う。このまま進むと、二極化が進み、一方で化学を駆使した人間進化(トランスヒューマニズム)、一方では精神的(霊的)な世界移行する。化学的な世界を選んだ人、つまり体内にマイクロチップなどを埋め込む人々(トランスヒューマニズム)は、神の真意に反意し、悪魔に魂を売るような行為なので死ぬまで奴隷の道を歩むこととなる。精神的、つまり霊的な世界を選ぶ人は、金の欲にとらわれず、エゴがないひと、見えないものの世界を信じている人、信仰心と祈り、このことを強く思う人。この人たちは異次元のパラレルワールドに行くか、5次元以上の世界に行く。いずれにしても、人間一人一人にゆだねられており、神は強制しないかわりに人間に選択の自由を与えた。神は心までは強制はしなかった。神の優しさである。わずかな人々を神は救いたいと考えている。だから祈りしかない!真面目に祈れば、かなり神に届くと、鳥たちは言う。鳥たちも、いろいろとお祈りし、中には涙を流して祈りをしてる鳥たちもいる。そういう気持ちらしい…鳥も人間も森羅万象の生き物全てに対して。…
【小鳥は天使の使い】
※補足【123便は異次元の世界に】…123便については、2020年8月12日に別次元からワープして、大阪(伊丹)空港に現れる予定だったが、自衛隊の配備とこのまま進むと監視社会となる地球(三次元)には未来もないと判断したとみて、別次元に移動(瞬間移動)パラレルワールドへ移ったと、宇宙人に聞いたカラスが、別の鳥へ、そして拡散した情報を知人は鳥から聞いた。私たちの意識が到達できなかったことでパラレルワールドの世界へ行ったと!もう二度と現れることはないと。非常に残念だ…

<123便時空超え現れる!パラレルワールド!sweet planet(スィート・プラネット):参照>
<次元上昇と歪み(ゆがみ)!:参照>

※私はワクチン(マイクロチップ)や5Gの専門でないので、参考に詳しく述べてくださっているブログ紹介します。こちらを参照してください。

福田元昭の「桜の木になろう」:http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3460.htmll:参照
噓八百のこの世界:http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3443.htmll:参照
日本の匠と美・ほさか:http://www.hosaka-n.jp/blog/:参照

【ヨハネの黙示録】…ヨハネの黙示録とは、イエス・キリストの黙示。この黙示は、すぐにも起こるはずのことを、神かその僕(しもべ)たちに示すためキリストにお与えになり、そして、キリストがその天使を送って僕ヨハネにお伝えになったものである。ヨハネは、神の言葉とイエス・キリストの証し、すなわち、自分の見たすべてのことを証しした。この預言の言葉を朗読する人と、これを聞いて、中に記されたことを守る人たちとは幸いである。時が迫っているからである。

【ヨハネの黙示録】…[第13章15節]…第二の獣は獣の像に息を吹き込むことをゆるされて、獣の像がものをいうことさえできるようにし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにさせた。また、小さい者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、その刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。
<参考…新共同訳―聖書転載より>  
※刻印とは、現在のワクチン接種などに“マイクロチップ”が今後含まれるといわれている。

[第14章9節]…また、別の第三の天使も続いて来て、大声でこう言った。「だれでも、獣とその像を拝み、額や手にこの獣の刻印を受ける者があれば、その者自身も、神の怒りの杯(さかずき)に混ぜものなしに注がれた、神の怒りのぶどう酒を飲むことになり、また、聖なる天使たちと小羊の前で、火と硫黄で苦しめられることになる。その苦しみの煙は、世々限りなく立ち上り、獣とその像を拝む者たち、また、だれでも獣の名の刻印を受ける者は、昼も夜も安らぐことはない。」ここに、神の掟を守り、イエスに対する信仰を守り続ける聖なる者たちの忍耐が必要である。
<参考…新共同訳ー聖書転載>
※黙示録にも書いてあるように、獣の刻印を押す人は、神の裁きの時には昼も夜も安らぐことはないような地獄が待っているといえる。

参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=FmfZjoRcOUE引用
ブログランキング・にほんブログ村へ                    👆ポチっと応援して頂ければ今後の励みになります。


猫は監視者(天の使い)結界師・幸運を招く猫・岡田有希子

【猫は監視者(天の使い)】…古代エジプト時代、猫は「神の使い」として、猫神として崇められた。中世ヨーロッパに入るとキリスト教文化圏で、猫は”悪魔や魔女の使い”と忌み嫌われたことから、一説では神聖ローマ帝国では猫は一匹もいなかったという。住民が教会の指導のもと猫を処分していた。これによって、ヨーロッパ各地に黒死病(ペスト菌)が流行り、疫病が蔓延した。ペストはクマネズミが媒介する。天敵の猫がいなくなったことで、大量のネズミが発生し、ネズミによって運ばれた黒死病(ペスト菌)によって、多くの命が失われた。猫にとっての暗黒時代も17世紀には衰退し、ガリレオ・ガリレイ(1564年~1642年)アイザック・ニュートン(1643年~1727年)といった近代知性を持った人達が現れ、人々の意識も変わり、知識階級の人たち魔女に対する見方が変化し、安易に処刑をしなくなった。その後、悪魔や魔女といった告発も、前近代的な考え方に意向したため、裁判を担当する知識階級が無罪放免となるケースが増えたため、魔女裁判も機能しなくなった。したがって、猫は大切な穀物と人間をネズミから守るために天の国、仏の国から派遣された使いである。…ちゅうたろうのブログ一部引用http://tyutaro.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-f585.html
【猫は万能薬】…古代エジプト人によると、ネコは神聖な生き物とされ、皮膚病、片思い、うつ病などあらゆる病気治療の万能薬とされた。今では病院のごく一部ですが、セラピー猫として活躍中。よって、後世の残虐行為から免れたという一説もある。
…ちゅうたろうのブログ一部引用…

【猫の瞳ー結界師】…古代エジプトでは、猫の瞳の変化は、太陽の回転に従うものであり、闇の中で物を見ることができるのは、夜、太陽が猫の目を通して下界を見るためだと考えられた。猫の頭を持つ女神バステトは、恵み豊かな太陽の熱を神格化したもので、夜になって眠りこんだ太陽を蛇どもから守るために寝ずの番をしているという。…ちゅうたろうのブログ一部引用…

猫は人間には見えない、オーラが見える。犬も見ることは可能だが猫は犬よりも数倍鮮明にみえるという。色はなくモノクロ(白黒)に見え、人間のオーラはもちろん、霊障までも見える。ある、飼い主が猫と一緒に住める賃貸を探し、賃貸の物件を見学にいくことになった。不動産の管理者に賃貸物件を案内されて、飼い主さんの猫も一緒に同行。部屋に入って色々と見ていると、猫がその一点だけをジーと見つめていた。そして、ウーウーという叫びとしっぽが逆立っている。興奮している様子だったが、飼い主は何も分からず猫の様子を見ていた。案内している不動産の管理者もその場は何もいわなかった。あまり、気乗りしない飼い主も一応検討して見るとだけ伝えてその日は契約しなっかった。数日たってあまり、気乗りしなかった飼い主は猫の行動が気になって契約を断った。管理者にあの部屋は過去に何かあったのですか?と聞いてみると部屋の一室で若い女性の人が過去に首吊り自殺したという信じがたい情報をきかされた。飼い主はショックで驚いたが、それよりも、猫が人間には見えないオーラが見えてその霊障から飼い主を救ったことだ。あのまま、契約していたら飼い主も霊に苦しめられるところだった。…猫を飼っている家族は人間には見えない霊(特に悪霊)から家族を守るという使命が与えられている、いわば結界師のようなものだ。

【猫による監視と情報ー寿命】…猫による監視と情報収集は鳥とは異なり、生きている限り、猫の魂に刻まれる。例えるなら、パソコンのメモリーUSBの記録メモリーに似ている。だから、その家族の特徴、生活環境、性格、あらゆる情報を監視しインプット(記録)する。では、その情報はどのように伝えるのか?…それは、猫が亡くなってから、魂と一緒に記録されたデーターを、天の国、あるいは、仏の国へ伝達する。この伝達記録によって、鳥たちの情報収集と、猫の記録を総合してその後の行き先がきまる。猫は生前可愛がってくれた飼い主には、無様な姿を見られたくないという本能が働くため、ひとけの少ないU字溝や、道端を好んで死を選ぶ。猫にとっての、最後の感謝の表現でもある。

【岡田有希子とトニー】…事務所の会長(当時相澤会長)さんが飼っていた、猫のトニー。時間があれば、猫のトニーとよく話しをしていたようだ(テレパス)。身近な動物で、悩みや苦しみ、哀しい時、トニーは有希子に寄り添って癒し、色んな話しをされたんだろうと思う。人には言えない事とか…そのトニーも、もういないので、向こうの世界で会っているんだろうなあ?…真相は意外に猫が知っているかもです…
生まれる時、佳代の生命は危なかった。医者からは、まともに育つかわからないとまで言われた、佐藤佳代の両親。
まだ、佐藤佳代の時一歳一か月と幼い頃、はじめて動物園に家族で行き、まだ歩けなかった佳代は動物を見てはじめて歩き始めた。動物の見えない力が、佳代に与えられたのではないか?…テレパスみたいな…
また、親戚の家では、子猫とお留守番をして、子猫のしっぽをつかんで遊んだ思い出話しが、実録まんが「岡田有希子」(アイドルコミック・学研:1984年)に記載されている。岡田有希子の初主演ドラマ「禁じられたマリコ」の能力の原点は、意外にも動物園からなのかもしれない。

【岡田有希子とトニー】

【岡田有希子と猫のトニー】…「画像:雑誌明星ー1985年5月号より切抜き」


【幸運を招く猫ーコラット種】…コラットは、タイ王国に古くから存在する猫です。タイ北東部のコラット地方に自然発生した猫で、タイ語でシ・サワット(幸運をもたらす猫)と言われてきた。コラットという名前を与えたのはラマ五世という。コラットは、アユタヤ王朝の時代にあたる500年ほど前から存在されるとされ、当時の書物に記された文書によると、コラット地方に生息するシ・サワットという銀青色の猫の話しがある。幸福と繁栄の象徴といわれ大切にされている。

【コラットの特徴】…筋肉質で、無駄のない曲線の構成で、中型猫種。標準体重2.5k~5kg程度。頭部は、コラット独特のハート型。ブルーグレーの短毛、成猫は、グレーの毛先にシルバーティッピング、光が当たると銀灰色に見える。目は、グリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド、の4タイプがあり、特にグリーンは特徴的なペリドットグリーン。片方の目の色が違う色の場合もある。

【性格】…プライドが高く頑固であるが飼い主には忠実な性格。また、コラットは、視覚、臭覚、聴覚にも非常に優れ、物覚えが早く利口な猫といわれている。社交的で人懐っこい性格でもある。家族に対してよくしゃべる猫で、警戒する時は、大きな鳴き声で、家族に話しかけるように鳴きます。

【日本の相場】…ブルー御三家と言われる「ロシアンブルー」、「シャルトル」、「コラット」。ロシアンブルー、シャルトルは若干需要があるものの、日本では、コラットは希少で中々入手できません。専門のブリーダーも少なく手に入れるためには、数少ないブリーダーから購入するか、もしくは海外輸入という形が多いです。相場は子猫で約20万円前後、成猫で約20~50万円以上と高額です。

【我が家で飼っていた30数年前の猫ーコラット種】愛称「ミーコ」


【我が家で飼っていた30数年前の猫ーコラット種】
 愛称「ミーコ」
・高額な猫とは知らずに飼っていた。約13年間生きた。
・地蔵菩薩の前に子猫がいるのを今は亡き父が自転車のかごにいれ連れてきた猫。途中何度も転げ落ちたが、無事に着いてきた。それから13年私たち家族のために守ってくれた猫である。
・時には天から、仏の世界から猫は使命が与えられ、特に地蔵菩薩の前にいた猫は人間の苦しみ六道輪廻から救うために使わされることが多い。神社やお寺にいる猫も同じことである。

※カテゴリー「鳥は天使の使い!!超能力と動物!!」:参照
ブログランキング・にほんブログ村へ                                                              

鳥は天使の使い!!超能力と動物!!

【鳥と霊魂】…鳥類は「祖先の霊」、あるいは死者の魂、または天使も意味した。当時のローマ皇帝も自分の火葬用の積み巻きの上に鷲(ワシ)を放って、霊魂を天界へと運んでもらい、神格を得た。エジプトにおいても、王たちが鷹(たか)を葬儀の日に、空高く放ち、霊魂を天界に運んだ。不死鳥と同じよう王は火の中をくぐり抜けて、生まれ変わる(再生)時は、鳥となる。また、キリスト教の聖人たちも、列聖式の日に、白いハトを放ち、霊魂を天界に運んだ。鳥は地上界と天界の間を自由に行き来するため、いたるところで霊魂を天界に運ぶものと考えられ、時には天使の使者、情報を与えてくれる神秘的な存在とされている。ハシボソガラスとハゲワシは霊魂を天界に運ぶ鳥である。コウノトリは霊魂を地上界へ連れ戻し人間を再生させる鳥、賢いフクロウは夜の秘密を語ってくれる鳥、ハトとナイチンゲールは愛の秘密を語ってくれる鳥。天使の使者でもあるワシは未来の事を教えてくれる鳥。予言者たちは鳥のことばを理解する能力があった。神話や伝説として語られてきた。
【小鳥は天使の使い】

【小鳥ー天の使い】

【鳥は天の使い】…鳥が帰ってくるということは、未知の地への展開が保証されているようなもの、空中という天・神に近い所で行動し、人々のあらゆる情報を収集し、人を導く天使のようなもの。また、人々の行動や情報などは、朝、夕2回天使へと報告するとされています。それにより、生前行った悪事や良い行いをされた方の情報はすでに天使へと伝えられているので※死後の行方がきまります。悪事を行った人々は一般に言われる「地獄」へと行きます。いくら弁解しても生前の記録が、鳥によって伝えられているため嘘はつけません。「地獄」も色々あるようです。軽い罪を犯した人々は、「煉獄」へ行きます。そこで一定期間浄化して、天国へ進みます。「地獄」と「天国」の中間。次に良い行いをした人々は「天国」と言われるところに行きますが、ほとんどの人が行けるわけではありません。ごく一部です。つまり、現世で人々に貢献した人です。宗教的には聖人と言われる人、僧侶、国の代表(リンカーン、ケネディ、田中角栄、ガンジー…)など…他の人は?…天国に似たいいところです。でも天国では無いところ。神も天使もいないところ。それはなぜか…最後の審判がまだだからです。最後の審判が行われる間の一時待機で、「煉獄」の人々と最後の審判が行われるときに「天国」へと行きます。鳥たちは、人々を監視し、一人一人見守り、天使に伝えています。日々の悔い改めと、感謝する心、祈り(信仰)は大事です。鳥たちは、見ています。あなたの行動を…  ※死後の行方は最終的に最後の審判で決まる。

【鳥が横切る行為(サイン)とは?】…天使は時には鳥の姿になってメッセージを伝える為に現れる事があります。鳥が近づいてきたり、こっちに向かって飛んできたり、目の前を横切ったり。鳥(天使)たちは、「あなたを見守っているよ!」…「安心してね」というメッセージを伝えています。カラスは小鳥たちよりも少し凶暴的なイメージですが天使の使いでもあり知恵の象徴と言われています。有名な話し日本神話では、八咫烏(やたがらす)が、道に迷った神武天皇の元に遣わされ、熊野国(和歌山県)から、大和国(奈良県)への道案内をされた。八咫烏はサッカー協会のシンボルともされ、一般に三本の足の姿で表される。

【鳥の死の意味は】…車を運転中に鳥がぶつかってきたり、鳥が道端で死んでたり?避けようと思えば避けられる場合もあるのにと?鳥が死ぬことを鳥落といいます。…鳥が亡くなる場面はいくつもありますが、鳥は本能で人気(ひとけ)のない場所で最期を迎えることがある。人の前で鳥が死ぬということは、余程のことであり一つの舞台が終わりを迎えることを表し、次に新たな舞台の入り口が開かれ魂も成長することを表しています。苦悩や人間関係に悩んでいるのはここで終わりで新たな扉がひらきますよ。鳥の死は強い衝撃とともに現れ、一つの出来事が終わるというサインでもあります。

【鳥の上昇の意味は】…車を運転中に上昇して飛んでいく姿は、これからあなたにいいことがあるよ。見守っているよ、というサインです。物事がうまくいったり、幸運が巡ったりと物事の上昇を意味します。つばめが家に巣を作ると家庭が幸運だったり。会社だと、業績があがったり商売繁盛と繁栄をもたらします。

【カラスの監視】
​​【カラスの監視】

【煉獄】…善人でも罪人でもない者が行く。◆地獄の一歩手前で魂を浄化…キリスト教では、立派な善人は天国へ昇り、罪人は地獄へ落ちるとされているが、その中間に位置する、ちょっとした罪を犯した程度の一般人はどうなるのか?その答えが[煉獄]だ。そのままでは天国に昇れるほど立派ではないが、地獄に落ちるほどの大罪を犯したわけではない死者は[煉獄]の炎で浄化されることによって、天国に行けるようになる。ただし、プロテスタントやイスラム教徒、ユダヤ教徒は聖書に記載がないとして、[煉獄]の存在を認めいてない。初期キリスト教に大きな影響を与えた神学者である聖アウグスティヌスは、「マタイによる福音書」の「人に対するいかなる罪や冒涜の言葉も赦されますが、聖霊への冒涜の言葉は赦されません」という言葉に、死者の罪を償うことができる可能性を見出した。彼は人間に対するちょっとした罪は赦されると考え、[煉獄]が存在する余地をつくりだしたのだ。こうした思想から、彼は「真の煉獄の父」とよばれている。同様に、神学者たちは、パウロが言及した火の刑罰を根拠として、「地獄の火」と「浄化の火(=煉獄の火)」を区別するようになった。  …ちゅう太郎のブログ一部転載!!   
( http://tyutaro.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-1941.html)


【超能力と動物】…よく動物は「万物の霊長」といわれる超能力を持っているといわれます。猫には人間には見えないオーラ(霊)が見えたり、悪い霊を追い払うといわれています。猫や犬には、人間の数倍の電磁波がある為地震をより早く感知する能力があります。
人間も太古の昔には、動物と同じように能力がありました。しかし、文明が発達するといろいろ便利になって機械に頼るようになり、本来持っていた能力を使わなくなっってしまったためその能力が退化あるいは封印されたのかもしれない。超能力者といわれる人の多くは、基本動物が好きな人が多いといわれることを聞いたことがある。純粋で誰にでも優しい人が多い。だから動物も自ら寄ってくる。動物の気持ちがわかる、話しができる。これは頭の中で「テレパシー、テレパス」として話しをします。声がきこえたり、映像として頭に入ってくる。この時点で五次元の世界といわれています。


【白いハトとたわむれる岡田有希子】
(参照:http://momoeseikojunko.seesaa.net/archives/201905-1.html)
【白いハトとたわむれる岡田有希子】
白いハトは平和の象徴ともいわれる。通常、鳥たちは警戒心が強いため
人間のそばには近寄らないが有希子の場合自然に鳥たちが近寄ってくる。
鳥たちも癒されているのか(テレパシー)?また白いハトはめったにいない。




【追記…生前、岡田有希子が中学一年生(佐藤佳代)の時に書いた詩】
     小鳥     佐藤佳代

  青空を飛びまわっている小鳥たち
  自由で幸せそうで
  空に吸いこまれそうに飛んでいる
  緑の木にとまって
  大きな声でチュンと鳴くのは
  仲間とのオシャベリ?
  かごの鳥よりも危険がいっぱい
  でもそれは 自由とのひきかえ
  あなたたちは小さな小さな冒険者
  だから晴れた空がお似合い
  自由にはばたいている姿が
  一番 自然

ブログランキング・にほんブログ村へ                   

プロフィール

dqa44y8y9jlf

Author:dqa44y8y9jlf
FC2ブログへようこそ!
ハム太郎

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

ブログ村ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

リンクについて

当ブログサイトはリンクフリーです。 相互リンク・相互RSSを募集中! (アダルトはNG) コメント欄にてご連絡下さい。

著作権について

記事は主にWikipediaを転載しています。掲載している画像及び動画・文章 の著作権肖像権等は各権利所有者様に所属します。当ブログサイトは上記の権利やプライバシーを侵害する意図は全くございません。各権利所有者様におかれまして、記事不適切な箇所がございましたらコメント欄にご連絡ください。速やかに対応致します。