FC2ブログ

千里眼と長南年恵・禁じられたマリコ山形【岡田有希子】

【長南年恵】…長南年恵(おさなみ/ちょうなん)1863年12月6日(文久3年10月26日)ー1907年(明治40年)10月29日。明治時代の霊能力者、超能力者。山形県西田川郡鶴岡町。現在の山形県鶴岡市。本名「登志惠」(鶴岡市戸籍研究による)

【彼女が起こしたとされる超常現象】
1.成人してからも肉体的、精神的に少女のようであったという。また身辺には頻繁に神仏が現れ、会話をしたり、舞を舞っていた。
2.元々小食であったが、20歳のころから全く食事をとらず、生水の他は生のサツマイモを少量のみ。
3.排泄物は殆ど無かったという。また汗や垢といったものも殆ど出ず、風呂に入らなくても髪や体はいつも清潔であった。
4.空気中からとりだす神水は、密封した空の一升瓶の中に人々の目の前で満たしたという。この神水は万病に効いた。
5.べつに病人などではなく冷やかし等の目的の者と不治の病人には、神水は授からず、空瓶のままだった。
6.神水(霊水)の色について:赤、青、黄など様々な色があったそうだ。無罪となった裁判所での公判では、茶褐色。
7.1900年(明治33年)7月9日。全国紙新聞記者が懐疑の目を向け、目の前で霊水引寄せをしろと要求した。その結果、ひとりでに水が入ったのを認めざるを得ないという結論に至ったという。

【逮捕・裁判】
1895年(明治28年)、長南年恵は詐欺行為(神水を用いて、医師の資格なしに病気治療と称するを行ったとして)を行ったとして、逮捕された。山形県監獄鶴岡支署に7月から60日間勾留されたが、証拠不十分で釈放されている。この勾留期間中、様々な現象が起きたと言われている。勾留期間、一切の排泄物が無かった。入浴が許されていなかったが、常に髪は清潔であり、体臭も無く、良い香りがしたという。勾留期間、一切食事を取らなかった。完全に外部と遮断された監房内で、「神水」「お守り」「経文」「散薬」などを空気中から取り出したという。 長期の拘留生活で足腰が弱って当然なのに、一升瓶15本分もある水の入った大樽を軽々と運んだ。収監者の中で、ただ一人蚊に刺されなかった。複数の係官が不思議な笛の音を聞いたという。ただし以上の現象は監獄側の資料や公式の文書などに記されているわけではなく、年恵側が山形県監獄鶴岡支署長宛に送りつけた「事実証明願」の中でそのような現象があったと主張したものである。監獄側はこの証明願を却下している。
1896年(明治29年)、2度目の逮捕、山形県監獄鶴岡支署に10月10日より一週間拘置される。
1900年(明治33年)、3度目の逮捕、大阪空堀町にある弟の長南雄吉の所に身を寄せている時8月ごろ、新聞記事から騒ぎが大きくなり、10日間拘置される。
・1900年(明治33年)12月12日、この拘置に対して、神戸地方裁判所で再審が行われた。判決は証拠不十分を理由とした無罪判決となったが、その後好奇心を持った弁護士たちが長南年恵に個人的な試験を申し込み、それに応じて霊水出現の試験が行われる運びとなった。封をした空きビンを渡し、空きビンに神水を満たせるかと質問したところ、長南年恵はできるといったという。この実験の前に長南年恵は全裸にされ、身体を厳重に調べられ、密閉空間の別室に閉じ込められた。この別室で精神を集中した長南年恵は、5分ほど(長南年恵の弟である雄吉は2分ほどと語っているが、大阪毎日新聞の記事によれば5分ほど)の後に空きビンに濃い黄色をした神水を満たし、裁判長に渡したとされる。裁判長はその水を持ち帰ったという。裁判の様子を報じた大阪毎日新聞は「神水を天よりたまわるなり、とにかく不思議なり」と伝えた。
【礼拝所】…山形県鶴岡市にある南岳寺の境内にある淡島大明神の堂宇は、長南年恵霊堂ともいう。<出典:Wikipedia転載>

【千里眼と長南年恵】……先ず千里眼の意味ですが、これは千里(約4キロ)先の遠隔地の出来事成り行きを感知できる能力、又は能力を持つ人。透視と呼ばれることです。仏教における天眼通(てんげんつう)。仏教でいう広目天(こうもくてん)がこの能力を行使できたとされたほどの力が媽祖(まそ)に使役されている鬼に、この能力をもつ千里眼と呼ばれた鬼がいました。順風耳(じゅんぷうじ)と呼ばれる鬼と共に一対で仕えていました。日本では明治時代にこの能力を持つとする御船千鶴子長尾郁子らが、福来友吉らの一部の学者と共に巻き起こした。公開実験や論争などの騒動(千里眼事件)が知られています。この事を映画化(リング)しました。ちなみに「禁じられたマリコ」というサイコサスペンスドラマ(超能力)のつながりを持つとされる長南年恵についても述べますが、この女性は特別な能力の持主で、中でも鳥の言葉が分かるとされる人です。

いわゆる普通の超能力者ではありません。まず空の瓶に水(神水)をためて人々の万病に良いとされ病を癒された。当時(明治時代)は裁判所に連行され本当なのか嘘なのか証明させられて裁判長に認められました。これは新聞にも掲載され、普通の人はまず出来ないことです。監視委員のそばでトリックは出来ない状況でです。それまでは、鳥にもその水を飲ませたこともある。と言ってました。そのおかげで鳥も今でいうインフルエンザにかからずにすんだと言っています。それ以来、鳥は感謝しているらしいのです。ものすごく喜んでたそうで、今は年恵さんの住まいの近くに集まっているそうです。この事から動物でも平等に愛してられた方で、今は亡き人ですが魂は永遠に生きているのです。

【ヨーロッパ地方にもいた!ルルドの泉で患者の病を癒すベルナデッタ】…ルルドの泉が起こす奇跡的治癒とは?…
・聖母マリアが現れ、いくつもの奇跡が起きたことで世界的に有名になったキリスト教の聖地(ルルド)。市内のサンクチュエール(聖域)内にある泉の水を飲むと病が治るといわれ、このルルドの泉で病気が治ったと自己申告した人は、1862年以来6,700人。2009年3月現在、カトリック教会が詳細に検証した結果、「奇跡」として公認している事例は全部で68件にも及ぶ。今も尚、年間600万人もの人々が奇跡を求め、この地に祈りにやってくるそうです。

【腐敗しないべルナデッドの遺体?】…彼女は持病の喘息の悪化により、1879年4月16日に35歳の若さで永眠となる。その後、遺体は二重の棺におさめられ、べルナデッドが在籍していたヌヴェール愛徳修道会の庭にある地下納骨堂に安置されることになった。そして死後30年経った1909年以降、列聖調査のために何度か開けて腐敗の有無が調べられたが、その兆候はなかったことから奇跡が起きたのだとされた。聖人としてふさわしいかどうか調べるために行われる調査は遺体に腐敗の兆候がないことで聖人の証とされ、1933年列聖された。ところが、遺体が腐敗しないということ自体は、ある条件が揃うと起こり得る現象だということがわかっている。それは「死蝋化現象」というもの。この現象では外気から遮断され、湿潤で、低温の環境という条件の中、安置された遺体の脂肪分がロウのようになることで腐敗をまぬがれる。実際遺体も、地下に安置されていたことから低温で外気から遮断されるという条件は満たしていた。さらに1909年の調査に立ち合った二人の医師が残した記録によると、べルナデッドの遺体が身につけていた修道服は「湿っぽかった」という。死蝋化の条件は全て満たしていた可能性は高い。しかし、死蝋化していても、何度も開封されるなど、条件が破られれば腐敗は徐々に始まってしまうべルナデッドの遺体もその例外ではなかった。何度も棺を開けて調べたことから、1925年についに腐敗が始まってしまった。そのため現在では遺体の顔と手の上に、生前の姿をもとに作られた精巧なロウのマスクが被せられている。彼女の遺体はマスクまで被されながら、今も尚、世界中の多くの信者や人々が訪れる。
<ちゅうたろうのブログ転載:●ルルドの泉の奇跡と腐敗しないべルナデッドの遺体?…!!

【禁じられたマリコ・山形ロケ】…禁じられたマリコ(TBS系)で放映された最終回では、長南年恵のゆかりの地山形県鶴岡市でドラマのロケが撮影された。撮影に入る前に、東京は世田谷区にある喜多見不動尊を訪れ撮影の無事を祈願した。最終回のロケで山形県鶴岡市になったのも偶然ではなく、メビウスの帯で繋がっているものと思われる。長南年恵も禁じられたマリコの主人公杉浦真理子も同じ超能力を使う、引き寄せの法則とつながる。東海ラジオでは、「ドキドキラジオ'84」岡田有希子のトリビュート番組で、1985年~1986年1月まで放送された「禁じられたマリコ」のドラマ撮影の模様を山形県鶴岡市を巡りゲストの杉浦元太郎役でマリコの父親役を演じた竜雷太さんを交え、番組の司会である山口悟氏と当時の岡田有希子さんについてロケの思い出を会談する。
<参照:メビウスの帯!! パソピアIQと有希子(MSX)!!>

【公式】「ドットーレ山口のドキドキラジオ'84」第107回
2018年4月14日放送  (https://youtu.be/vHm3XAtQ5d0:引用元)

【ドットーレ山口ドキドキラジオ’84】
              【禁じられたマリコー山形ロケ】
            ( ホテル溝光園ー岡田有希子と竜雷太)
【喜多見不動尊で祈願する岡田有希子】
            【喜多見不動尊で祈願する岡田有希子】

【禁じられたマリコ】…禁じられたマリコはTBS系列で1985年11月5日から
1986年1月28日の間に放送(全12話)されたサイコサスペンスドラマである。
出演:杉浦真理子(岡田有希子) 杉浦元太郎(竜 雷太)杉浦加奈江(岩井 友見)
高木竜一(三上博史)  前田耕一郎(中尾彬)  前田 弘子(赤座美代子)
黒木刑事(峰岸徹)
TBS・東宝 主題歌:「銀雪の浪漫~Follow You」:歌手:藤ゆうこ 
作詞:内藤綾子 作・編曲:水谷公生(バップレコード)

(参考動画:https://youtu.be/DTypxtfSZpY:引用元)
※主題歌「銀雪の浪漫~Follow You]は岡田有希子の生涯と
リンクする楽曲のように思う!?

【禁じられたマリコー12話ー2最終話「聖少女-最後の戦い」】
(参考動画:https://youtu.be/K9ZBPxh8uIM:引用元)
★ナレーター:麻里子は復活した。奇跡だった。麻里子は今新たによみがえったのだ!
だれよりも愛し、だれからも愛される娘、麻里子として…
<参照:禁じられたマリコの謎

★こちらもオススメ!!【第8話「クリスマスが見えない!」謎の組織に狙われた実の母(赤座美代子)を助けるため、麻里子(岡田有希子)の超能力が炸裂するー感動の第8話:
◎ナレーター(3:26秒付近):麻里子(マリコ)の手のひらに、いつまでも母のぬくもりが残っていた。それは、母の折った折り鶴だった。お母~さん!…心の中で小さく呼びかける。
♪「主は来ませり」。けがれを知らぬこどもたちが歌う清らかな歌声を麻里子(マリコ)は見えない目で追っていた。…

(https://www.nicovideo.jp/watch/sm27045690:引用元)
​👼:いつ見ても涙がポロポロでます…ユッコ(岡田有希子)は皆さんの心の中で今も生き続けています。…

★補足…今回超能力者と呼ばれる『長南年恵』について記事を掲載しました。『長南年恵』さんを調査し、雑誌の記事に掲載した人が芸能界の方にもいました。その方は今は亡き「丹波哲郎」さんです。丹波哲郎さんは芸能界きっての霊界研究者である。芸能界活動をしていた頃は刑事ものや、時代劇で有名な方です。代表的なドラマでは「Gメン'75」や、映画では千葉真一が柳生十兵衛演じる「魔界転生」。柳生十兵衛が妖怪を退治する為の刀を丹波哲郎が刀鍛冶の役に扮し脇役ながら魅了させる。その後は、霊界についても研究し、出口王仁三郎氏の研究や、DVD-「大霊界、大霊界2~死んだらおどろいた!!」、著書に「霊人の証明ー続々丹波哲郎の死書の書」、「霊界の書」などがある。丹波哲郎さんは、NHK大河ドラマ「真田太平記」で岡田有希子さんと共演をしています。
★長南年恵に関する丹波哲郎の霊界サロン・The対談丹波哲郎の霊界サロン
★カテゴリ参照:真田太平記と岡田有希子はこちら!

【岡田有希子とトニー】
  訪問ありがとうございます。
   応援のボタンを押していただけるとユッコもトニーも今後の励みになるニャン😸
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

dqa44y8y9jlf

Author:dqa44y8y9jlf
FC2ブログへようこそ!
ハム太郎

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ村ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログランキング

リンクについて

当ブログサイトはリンクフリーです。 相互リンク・相互RSSを募集中! (アダルトはNG) コメント欄にてご連絡下さい。

著作権について

記事は主にWikipediaを転載しています。掲載している画像及び動画・文章 の著作権肖像権等は各権利所有者様に所属します。当ブログサイトは上記の権利やプライバシーを侵害する意図は全くございません。各権利所有者様におかれまして、記事不適切な箇所がございましたらコメント欄にご連絡ください。速やかに対応致します。